2021-08

心の持ち方

目の前にある、ありのままの幸せに気がつかなきゃ🍀…⑮

🍀いつも笑顔でいること。それって、万能のクスリかも。 病は気から、と全く同じ、だけど逆の理由で、気から病を治すことだってできる。喜びや希望は、どんなお医者さんよりも健康に導いてくれる。 🍀幸せとは...
日常のこと

久しぶりの青空で、ストレス発散!

8月の後半にもかかわらず、梅雨時期のような連日の雨… こんな日が続くと、流石に気分も何となく憂うつになってしまいますよね。 でも今日は、朝から久しぶりの青空が広がっています。 こんな日は、日頃のストレスを発散したいですね! ...
心の持ち方

目の前にある、ありのままの幸せに気がつかなきゃ🍀…⑭

🍀何をやるべきかわかっている人は、強い。 自分自身にルールを与えて、自分をそれに従わせるというのは、幸せになるための大事な一歩。ルールに従えば、むだな迷いが生まれる余地がない。そうして行動している人は、幸せに少しずつ近づい...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【通電療法…薬が使えない場合の治療法】

●安全で、十分な効果が期待できる療法 通電療法は、うつ病の治療で、難治性のうつ病など、薬物療法を行ってもなかなかよい効果が得られない場合などに行われる治療法ですが、統合失調症でも、症状が活発なのに副作用のために薬が投与できない場合や、...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【補助的に使われる治療薬】

●副作用を抑える「抗パーキンソン病薬」 統合失調症の治療では、抗精神病薬のほかに、必要に応じて抗精神病薬と併用して「補助的に」使われる薬があります。 抗パーキンソン病薬は、その名の通り、パーキンソン病の治療に使われる薬ですが、抗...
心の持ち方

目の前にある、ありのままの幸せに気がつかなきゃ🍀…⑬

🍀悲しみよりも喜びを伝染させよう。 悲しみや辛さは、簡単に話す相手に伝染しちゃう。それよりは、楽しいことや喜びを周りに伝えよう。幸せの輪を広げよう。 🍀不機嫌になりそうになったら、深呼吸してみよう...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【抗精神病薬の副作用-3】

●そのほかの副作用 そのほか、抗精神病薬には次のような副作用が出ることがあります。 ■循環器系の副作用 抗精神病薬にはノルアドレナリンの働きを抑える作用があるため、動悸や不整脈、または血圧の低下が起こることがあります。 ...
心の持ち方

目の前にある、ありのままの幸せに気がつかなきゃ🍀…⑫

🍀自分を励ますことをやめないで。 自分を傷つける最大の敵は自分。知らず知らず、自分はつまらない存在だと語りかけていない?常に自分の味方でいること!励まし続けること! 🍀勝手に住みつこうとする弱い心...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【抗精神病薬の副作用-2】

●便秘や立ちくらみなどの「自律神経症状」 また、抗精神病薬は、体中の内臓の働きを調整する自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスにも影響をあたえ、さまざまな症状を引き起こします。 具体的には、便秘や口の渇き、よだれ、立ちくらみ...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【抗精神病薬の副作用-1】

●効果より副作用が早くあらわれる 抗精神病薬には強い効果があるため、それだけにさまざまな副作用が出てくる可能性があります。 薬そのものの副作用以外に、ほかの薬との飲み合わせで副作用が出ることもあります。 また、多剤併用などで薬...