心の病気

心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【抗精神病薬の効果と種類-3】

●使う種類や量は人によって異なる 抗精神病薬には多くの種類があり、それぞれ効果の違いがあります。 全ての患者さんに同じ薬が効くとは限らないので、患者さん一人一人の症状に合わせて適切な薬を選ばなければなりません。 そのためには、...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【抗精神病薬の効果と種類-2】

●第二世代の「非定型抗精神病薬」 従来の定型抗精神病薬は、特に陽性症状に対して高い治療効果が認められますが、陰性症状や認知機能障害に対しては、効果があまり期待できないという欠点がありました。 また、定型抗精神病薬は、作用が強いだ...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【抗精神病薬の効果と種類-1】

●薬物療法の中心は抗精神病薬 統合失調症の治療薬の中心となるのは「抗精神病薬」です。 ほかに、「抗うつ薬」「抗不安薬」「気分安定薬」「抗パーキンソン病薬」「睡眠導入剤」など、補助的に使われる薬があります。 抗精神病薬は、幻覚や...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【慢性期の治療】

●病状からの回復に努める 慢性期は、幻覚や妄想などの激しい陽性症状はおさまっているものの、陰性症状や認知機能障害のために「生活のしづらさ」が残ることが多く、この時期の治療法がその後の社会生活に大きく影響するといっても過言ではありません...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【急性期の治療】

●患者さんに「安心」をあたえる 急性期は、陽性症状のために、頭の中が騒がしく、落ち着かない状態です。 その状態を落ち着かせるために、まずは患者さんが安心して過ごせる、静かで安全な環境をつくることが大切です。 静かな環境とは、患者さ...
心の病気

統合失調症について/4.統合失調症の治療-① 薬物療法【統合失調症の治療の基本的な考え方】

●薬物療法とリハビリを組み合わせることが重要 統合失調症の治療は、外来・入院いずれの場合でも、薬を使った治療が基本となります。 ただし、残念ながら、薬物療法だけでは、病気によって障害された認知機能や社会生活機能まで回復させること...
心の病気

統合失調症について/3.治療をはじめる前に知っておきたいこと【統合失調症の治療は「通院」が基本】

●軽症の患者さんがふえ、よい薬も開発されている 統合失調症の治療は、現在、通院治療が主流となっています。 その理由としては、 ■重度の患者さんが減り、最近は軽症の患者さんがふえている。 ■薬の開発が進み、医療の質が向上している。...
心の病気

統合失調症について/3.治療をはじめる前に知っておきたいこと【診察と診断-②】

●統合失調症の診断基準 統合失調症は、体の病気のように、検査の結果ですぐにわかる病気ではありません。 そこで、臨床の場で使われているのが、心の病気の診断基準です。 近年、欧米で提唱され、世界標準の診断基準となっているのが、WH...
心の病気

統合失調症について/3.治療をはじめる前に知っておきたいこと【診察と診断-①】

●診察は問診が中心 統合失調症の診察は、患者さん本人と家族との問診を中心に進められます。 本人が家族の同席をいやがる場合には、別々に話を聞くこともありますが、治療方針に関しては、必ず本人と家族が同席して話を聞くことが大切です。 重...
心の病気

統合失調症について/3.治療をはじめる前に知っておきたいこと【どのように患者さんを受診させるか】

●治療すれば楽になるとやさしく説得する 統合失調症は、発症後2~3年の病気の状態が、その後の予後に大きな影響をあたえるといわれています。 そのため、できるだけ早く病気に気づき、専門家による適切な治療を受けることが大切です。 た...