奈良で神経性過食症(大食症)の治療を検討されている方へ

神経性過食症(大食症)はどんな病気?

いわゆる「むちゃ食い」で、短時間に大量の食物をとる行為を繰り返します。一方で、太ることに恐怖感を抱いており、過食後は、絶食したり、自ら嘔吐したり、下剤や食欲減退剤、利尿剤を使用するなどします。
そのため、標準体重であることが多く、外見からは過食症とはわかりません。過食後は激しい自責感や罪悪感に襲われ、抑うつ感が強くなるようです。

ISD-10(国際疾病分類第10改訂版)では、次の①~③の障害があるときに、神経性過食症(大食症)と
診断されます。

①短時間に大量の食物を食べ尽くすといった食べ物への執着がある。
②そうした行動のあとに、自ら嘔吐したり下剤や食欲減退剤、利尿剤を使用する。
③肥満への恐怖があり、自分の理想体重を低く決めており、神経性無食欲症の様相もしばしば認められる。

神経性無食欲症と食行為は逆ですが、「極端なやせ願望」や「肥満恐怖」は共通しており、神経性無食欲症の患者の約60~70%が神経性過食症に移行するといわれます。

神経性無食欲症と神経性過食症を合わせて「摂食障害」とされ、厚生労働省の難治性疾患に指定されています。神経性無食欲症と同様、若い女性に多く見られます。

精神症状

  • 食欲の有無とは無関係に、一度に大量に食べる行為を繰り返す
  • 大量に食べたあと、自ら嘔吐したり、下剤を飲んだりする
  • 抑うつ
  • 不安感
  • 自責感
  • 罪悪感
  • 衝動的な行動

身体症状

  • 嘔吐による食道炎および口腔炎
  • 歯のエナメル質の溶解
  • 唾液腺の腫れ
  • 腎機能障害
  • 低カリウム血症
  • 低血圧
  • 不整脈
  • 全身の倦怠感

神経性過食症(大食症)の病因について

遺伝・体質的な背景

遺伝的になりやすい人がいることがわかっています。

心理・社会的な要因

精神的ストレスがきっかけで始まる場合が多いです。子どもの頃に性的あるいは身体的虐待を受けた人にも発症率が高まるとされています。
また、社会や家族とのコミュニケーションをとるのが苦手な人や、社会への適応性が未熟な人もなりやすいとされます。

神経性過食症(大食症)の治療方法について

外来で治療することが多いですが、過食を自分でコントロールできない場合や、外来治療で効果がない場合などには入院することもあります。電解質異常や代謝異常を起こすような重度の場合も入院治療が必要となります。

薬物療法

抗うつ薬、抗精神薬などを使用することもあります。

精神療法

歪んだセルフイメージを改善するため、認知行動療法(行動療法、家族療法など)が行われます。

ナチュラリー.は心理カウンセリングで神経性過食症(大食症)の治療を行っています

「奈良の心理カウンセリングルーム ナチュラリー.」では、神経性過食症(大食症)をはじめ、さまざまな心の病気から早期回復するための心理カウンセリングを行っております。

30年のサラリーマン経験があります

当ルーム代表のカウンセラー・鍛治は、過去にサラリーマンとして大手企業で30年間にわたり勤務してきた経歴がございます。その間、多くの方と出会い、実社会のさまざまな浮き沈みを経験してきました。

神経性過食症(大食症)をわずらう方の中には、企業内での長時間労働や競争、パワハラなどによって精神的に苦しみ疲れたビジネスマンも少なくありません。そうした方々のお気持ちは、どのカウンセラーよりも理解していると自負しております。
豊富な社会経験と知識を生かして、皆さまの神経性過食症(大食症)の解決を後押しさせていただきます。

複数の相談方法から選べます

ナチュラリー.では、患者さんが望まれるペース・環境で相談を受けられるよう、さまざまな相談方法をご用意しています。

当ルームにご来訪いただいての面談はもちろん、ご自宅その他への訪問によるカウンセリング、ビデオチャットやEメールを活用してのネットカウンセリングがご利用いただけます。ご自身に合った方法をお選びくださいませ。

公的資格を多数取得しています

神経性過食症(大食症)を治療するためには、心理学の科学的根拠に基づいた体系的なカウンセリングが必要です。決して、場当たり的なアドバイスで解決できるものではありません。

この心理カウンセリングの専門知識を習得した証として、当ルーム代表のカウンセラー・鍛治は、日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会の「メンタルケア心理士」や文部科学省後援「こころ検定 2級」の資格を取得。知識・技能のさらなる研鑽に励んでいます。
臨床心理学の専門家として、学術的研究に裏付けられた親身なカウンセリングで解決に取り組んでまいります。

神経性過食症(大食症)治療のためのカウンセリング方法をお選びいただけます

来訪
当カウンセリングルームにお越しいただきご相談をお受けします。ゆったりリラックスできる部屋をご準備しておりますのでお気軽にどうぞ。
詳しくはこちら
訪問
ご事情により当ルームへのご来訪が難しい方には、カウンセラーがご自宅やお近くのカフェ等にうかがう「訪問カウンセリング」も可能です。
詳しくはこちら
ビデオチャット
インターネットを介してパソコンでお互いの映像を見ながら行う会話でのカウンセリングです。
※電話による音声通話のみのご相談も可
詳しくはこちら
Eメール・LINE
カウンセラーとのメッセージのやりとりによるカウンセリングが受けられます。パソコンのEメールでもLINEでもご利用いただけます。
詳しくはこちら

当ルームへのアクセス

詳しくは「アクセス」のページをご覧ください。
当ルームまでの道順を、写真入りでご説明しています。

住所

奈良県香芝市逢坂5丁目314-6

車でお越しの場合

国道168号線「北今市3西」交差点から約3分

  • 中和幹線からは「斑鳩・葛城・西名阪」出口を下りてすぐ
  • 西名阪自動車道からは「香芝・王寺」出口を下りて国道168号線を南進

電車でお越しの場合

近鉄大阪線「二上」駅から徒歩5分

周辺地図

訪問カウンセリング対応エリア

奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・曽爾村・御杖村・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町・下市町・黒滝村・天川村・野迫川村・十津川村・下北山村・上北山村・川上村・東吉野村

ご予約・お問い合わせ

当ルームのカウンセリングは、完全予約制となっております。
お電話またはメールフォームから、ご希望やご予定などをお伝えくださいませ。

またご質問やご不明な点がございましたら、小さなことでもお気軽にお問い合わせください。

電話でのご予約・お問い合わせ

☎080-6177-9443(随時受付)

  • カウンセリング中や夜中など、電話に出られない場合には留守番電話にメッセージをお残しください。折り返しご連絡させていただきます。
  • ご新規でカウンセリングご予約の方は、ご希望のカウンセリング方法をお伝えください。

メールでのご予約・お問い合わせ

以下のボタンからメールフォームをご利用ください。

カウンセリングご予約フォームはこちら

その他のお問い合わせフォームはこちら

神経性過食症(大食症)の治療に役立つ記事

神経性過食症(大食症)について【異常なほどに食べ、食べることに執着する】