ネットでの誹謗中傷について一言!

動画テキスト

皆さんこんにちは。ナチュラリー.チャンネル、心理カウンセリングルーム・ナチュラリー.のメンタルケア心理士・鍛治 剛史(かじ つよし)でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

今日はですね、ちょっと最近というか、まあ昔からあることだと思うんですけども、ネットでの誹謗中傷。これについて少しお話ししたいなというふうに思います。

先日ですね、女子プロレスラーの方が誹謗中傷によってお亡くなりになったということで、本当に悲しいことが起きたなというふうに思います。

中にはね、そんな誹謗中傷をわざわざ見る必要ないやんかとか、スルーしといたらいいねんとか、そういうふうにおっしゃる方もおられるかと思うんですけども、年齢もまだまだ22歳、そして彼女はですね、プロレスの発展のためにその番組に出演したということで、ちょうどコロナの自宅待機という影響もあってね、やっぱり気になって、毎日見てしまったんじゃないかなというふうに思います。

まあ実は私はそのプロレスラーの方をよく存じ上げなかったんで、どんな方なのかなということで色々とYouTubeとかその辺で見せていただいたんですけれども、本当に、素直で心がすごく綺麗っていう印象を受けましたね。

一つあったのが、その番組に出演するということが決まったという報告でプロレスラーーの仲間の方にお話しされてたんですけども、まあそれが本当にうれしそうにお話しされてですね。それがこんなことになるとは誰も思わなかったと思います。

まあ、このネットの誹謗中傷というのはいつまでたってもなくならないですけども、これを機に法律改正とかも行われるということですので、徹底的に取り締まってほしいなというふうに思いますね。

一つ言えるのが、誹謗中傷する人っていうのは、はっきり言って「妬み」以外の何物でもないと思います。

例えば恋愛に対する誹謗中傷であるならば、私はそんな本当は恋愛したことないんですっていう方。
あとはやっぱりね、すごく華やかな世界の中で生きておられる方、そういう方を誹謗中傷するという方は、本当に生活が充実していない、不満ばかり。そんな人たちが誹謗中傷するっていうパターン。心理的に、本当にそうだと思います

私生活が充実してる人っていうのは、他人のこと、それもネットで悪口なんて言ってる暇はないですよね。
本当に自分にないものを持っている華やかな人に対して、自分にはそれがないので、やっぱりねたんで攻撃してしまうと。しかも面と向かって言うではなくて、まあ一番ひきょうな手ですよね。

あの、実は私も過去にですね、ネットでいろいろ書き込みされたことあります。
最初はやっぱりね、どうしても気になって、何書かれてるかなぁと思うんですけども、まあ本当にね、そういう人っていうのは、自尊心がすごく低いので、これはもう本当にそうですね。

そういう目で、その書き込みを見るようになったんですよね。
この人たち、自分を、そんなうらやましがられることなんてないですけど、なんかうらやましがってるのかなとか、暇やなーとか、なんか自尊心低い人やなとか。

そういう目で見るようになったら、なんかこう、その書かれている言葉が今まで「今日はどんなこと書かれてるのかな」っていうことがなんか、楽しいことと言ったら変なんですけど「なんかまた書いとるわ」みたいな感じに、本当になるんですよね。

物事は本当に、とらえ方、考え方。認知行動療法とかあるんですけども、物事に対するとらえ方、考え方。これを変えると、本当にいろんなことが変わります。

そんな感じでですね、今、誹謗中傷されて苦しんでいる方々がもしおられましたらですね、そういう目で、その誹謗中傷している人たちを見てほしいなと。本当にもう何もかも充実してる人は、そんな卑怯な誹謗中傷なんて絶対しません。これは断言できます。

誹謗中傷をされたらですね、「まあ自分も本当に有名になったもんやなあ」というぐらいのね、気持ちを持つ。「(相手は)本当に自尊心がないんやなぁ、暇やなぁ」そういう気持ちを持つ。そうするとですね、気になって見ていたものも、自然と見なくなります。

なので、誹謗中傷されて「本当に私は嫌われている」とか「消えてしまったらいいんだ」とか、そういうふうに思われているがおられましたら、本当に誰もが、愛してる人、もしくは愛されている人、必ずおられと思うんですよね。本当にそんな方を悲しませるっていうのは、本当にダメですよね。

大切な命、そんな誹謗中傷に惑わされないで、ぜひ自分の信念を貫いて生きていれば、本当に山あり谷ありですけども、いいこともたくさんあります。

そういうことで、誹謗中傷についてちょっと一言お話したかったので今日はお話しさせていただきました。
今後ともまたお役に立つ情報がありましたら発信していきたいと思います。ご視聴ありがとうございました。
もしよければチャンネル登録のほう、どうぞよろしくお願いいたします。