2021-03

心の病気

トラウマについて/3.これからの目標と道のりを見定める【だれが治すのか?】

「治すのは自分」という意識が回復を促す 体の傷が癒えていくように、心にも「治る力」があります。 自分自身の治る力が発動することで、心の傷は害のない「傷あと」になっていきます。 ●よい導き手がいれば歩みやすくなる つらい体...
心の病気

トラウマについて/3.これからの目標と道のりを見定める【なにを目指すのか?】

過去に支配されない「今」を取り戻す トラウマによる生きづらさは、過去が「今」を脅かしていることの現れです。 過去のパターンに縛られず、「今」を充実させていくことを目指します。 ●自分をコントロールできる力をつけていく ト...
心の病気

トラウマについて/語りにくくても大切なこと②【性暴力はくり返されやすい】

●被害者の3分の2は、再被害を受けている 性暴力を受けたことがある人は、再び性的な被害にあいやすいことが知られています。 海外の研究では、性暴力被害者の3分の2は再被害を受けていると報告されています。 実際、性暴力被害者が何度...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【症状が出やすい時期】

恋愛や子育てでよみがえりやすい過去の傷 恋愛、子育てなど、人生の課題に直面する時期には、トラウマの症状が強く現れがち。 冷凍されたまま解凍されることがなかったトラウマ記憶が、初めて溶け出すこともあります。 ●トラウマの影響に気...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【「アタッチメント」の影響】

「安定したつながり」がないと傷が残りやすくなる アタッチメントとは特定の対象との情緒的な絆のことで、日本語では「愛着」ともいいます。 安定したアタッチメントを築けていたかどうかは、心の傷の残りやすさに影響します。 ●対人関係の...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【発達期のトラウマの影響②】

逆境のなかで調節する力は育ちにくい 感情や行動などをコントロールしていく力は、子ども時代に身につくものです。 大人の不適切なかかわりが続く「小児期逆境体験」は、調節のしかたを学ぶ機会を奪ってしまいます。 ●小児期逆境体験は、複...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【発達期のトラウマの影響】

子ども時代にできた傷の影響は広く及ぶ 子ども時代のトラウマ体験は、広く、根深く影響を残してしまうことがあります。 発達段階で生じた「心」の傷つきは、その後の人生の生きづらさにつながるおそれがあります。 ●複雑性PTSDにつなが...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【そのとき脳は】

「情動脳」の興奮を「理性脳」が制御できなくなる トラウマの影響を「心のバネのひずみ」「冷凍庫」などというたとえを用いてお話ししてきましたが、「心」の主要な部分を占める脳の働きには、どのような変化がみられるのでしょうか? ●気質を...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【トラウマが残ると】

冷凍保存された記憶が「今」を乱してしまう トラウマが心の状態を変えるのは、トラウマ体験時の記憶が消化されず、そのまま残り続けるから。 出来事そのものは終わっていても、「終わったこと」にならないのです。 ●「食べきれない」から冷...
心の病気

トラウマについて/2.トラウマの影響はなぜ長引くのか?【ストレスとトラウマの違い】

危険が去っても元に戻らない状態がトラウマ ストレスは心のひずみ。 ひずみを与えるものをストレッサーといいます。 通常、ストレッサーがなくなればひずみは解消されます。 しかし、トラウマの場合は残り続けます。 ●限界を超えた力...