2020-07

心の病気

社交不安症について/4.この心で乗り切ろう【②気持ちを楽にする方法-2】

【心の隔壁法】 心配なことがあると、それだけに心が占領されてしまいます。 嫌な気持ちが、心全体に広がってしまいます。 そのために、過度に否定的、悲観的、絶望的、自暴自棄的になってしまいます。 ですから、まず、嫌な気持ちを広が...
心の病気

社交不安症について/4.この心で乗り切ろう【②気持ちを楽にする方法-1】

つらい気持ちを少しでも軽くできれば、がんばって立ち向かっていこうという気持ちが湧いてきます。 対策を考えたり、準備したりするためには、ある程度気持ちが落ち着いていることが必要です。 このために、最初に、つらさが減って、気持ちが落ち着く方...
心の病気

社交不安症について/4.この心で乗り切ろう【①「逃げずにぶつかる」が原則】

社交不安では、心と身体と行動に変調が生じることがわかりました。 ですから、社交不安を乗り越えるには、心、身体、行動のそれぞれに対処することが必要です。 本章では、まず、心の機能で対処する方法を取り上げます。 ①「逃げずにぶつかる」...
心の病気

社交不安症について/3.なぜ、恐れてしまうのか【⑤社交不安を乗り切るには】

【社交不安を克服するための対処法】 以上のことから、社交不安を克服するためには、心と、身体と、行動とに総合的に対処する必要があることがわかります。 ①心理的対処 まず、心の持ち方については、認知の歪みを正すことです。 たとえ...
心の病気

社交不安症について/3.なぜ、恐れてしまうのか【④不安を感じたとき心身に起こる反応】

【強い社交不安を感じたときの心理状態】 強い社交不安を感じたときには、心と身体と行動に独特な状態が生じます。 心理的側面でいえば、思考が柔軟性を欠くようになります。 視野が狭くなり、思考は堂々巡りをして、創造性が失われます。 ...
心の病気

社交不安症について/3.なぜ、恐れてしまうのか【③社交不安になる素質】

【おとなしい子は社交不安になりやすい?】 社交不安には、相応の遺伝的素質があると考えられています。 それは、一つには、生まれつき敏感な神経系を持つ赤ちゃんがいることです。 たとえば、アメリカの発達心理学者のトーマスを中心と...
心の病気

社交不安症について/3.なぜ、恐れてしまうのか【②社交不安の人の特徴】

【自分を他者と比較する】 前ブログで述べたように、社交不安の人の心の底には揺らぎやすい自己価値感がありますが、さらに以下のような特徴が見られます。 社交不安の人は、主体としての自分でなく、客体としての自分にこだわっています。 ...
心の病気

社交不安症について/3.なぜ、恐れてしまうのか【①社交不安の根底には無価値感がある】

社交不安の人は、なぜ、人の中にいることを恐れてしまうのでしょうか。 そのような性格は、遺伝によるものなのでしょうか。 それとも環境のためなのでしょうか。 遺伝によるものだとしたら、治らないのでしょうか。 社交不安を乗り越えるには、ど...
心の病気

社交不安症について/2.なぜ、あの人は平気なのか【④感受性を閉ざして心の平穏を保つ人】

【鈍感さで心の平穏を保つ】 社交不安の人なら深く傷ついてしまい、とても耐えられないような事態に陥っても、平然としている人がいます。 繊細な感受性を欠き、鈍感さで心の平穏を保つ人です。 こうした人の中には、自己顕示欲求が非常に旺...
心の病気

社交不安症について/2.なぜ、あの人は平気なのか【③柳に風でうまく受け流す人の特徴】

【柔軟な心こそ強い心】 繊細な感性で、素質的には不安を感じやすいのですが、対処の仕方が上手な人がいます。 不安や緊張をひどくならないように、柳に風とうまく受け流しているのです。 こうした人は、心理的柔軟性があるのです。 ...