2019-10

メンタルケア

認知行動療法とは-⑤ ~考え方と治療の流れ~【従来の心理療法に比べ、効率よく問題を解決できる】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-④ ~考え方と治療の流れ~【行動を変えて、新たな認知の効果に気づく】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-③ ~考え方と治療の流れ~【認知には、自動思考とスキーマがある】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-② ~考え方と治療の流れ~【つらくなりやすい認知を別の認知に変える】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-① ~考え方と治療の流れ~【認知行動療法で、ものごとの捉えかたを変える】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
心の持ち方

パートナーの気持ちがわからない【しんどくならない人間関係のコツ】

パートナーというのは、いちばん近しい他人です。 他人のなかで最もエネルギーを注ぐべき相手です。 エネルギーを注ぐとは、コミュニケーションに時間をかけ、自分の思いを伝え、相手の話を聴くということ。 コミュニケーションを大切にするとい...
心の病気

8種類に分類されるパーソナリティ障害、それぞれの症状とは-④【依存性・不安性(回避性)】

先日のブログで「パーソナリティ障害」についてお話しさせて頂きましたが、パーソナリティ障害は、最も目立つ症状によって8種類に分類することができます。 1人がひとつの型にきっちり収まるのはまれで、いくつかの型が混在して現れることが多いようです...
心の病気

8種類に分類されるパーソナリティ障害、それぞれの症状とは-③【演技性・非社会性】

先日のブログで「パーソナリティ障害」についてお話しさせて頂きましたが、パーソナリティ障害は、最も目立つ症状によって8種類に分類することができます。 1人がひとつの型にきっちり収まるのはまれで、いくつかの型が混在して現れることが多いようです...
心の持ち方

正直でいられる人間関係を築く/誰の前でも自分らしくいる【よい人間関係をつくるために】

【正直でいられる人間関係を築く】 あなたは、友人に向かって本音を言うとどうなるか心配したことがないだろうか? あなたが相手の意見に反論したら、相手は怒るだろうか? 自己主張を控えるよう家庭でしつけられた人は、「自分が相手と異なる言...
心の病気

8種類に分類されるパーソナリティ障害、それぞれの症状とは-②【情緒不安定性・強迫性】

先日のブログで「パーソナリティ障害」についてお話しさせて頂きましたが、パーソナリティ障害は、最も目立つ症状によって8種類に分類することができます。 1人がひとつの型にきっちり収まるのはまれで、いくつかの型が混在して現れることが多いようです...