自律神経失調症について/⑥心と体をいやすさまざまな療法-9

【自己治癒力を高める漢方療法】 心身を一つのシステムとして考え、その調和を図ることで、人間が本来もっている自己治癒力を活性化させ、病気を治していくのが、漢方療法の基本的な考えです。 ●同じ病気でも一人ひとり調合される薬が違う ...

自律神経失調症について/⑤治療に使われる薬の種類と効果-5

【ビタミン剤やホルモン剤が処方されることも…】 患者さんの状態によって、「ビタミン剤」や「ホルモン剤」などが処方されることがあります。いずれも、医師の指示に従って、正しく服用することが大切です。 ●「ビタミン剤」にはいろいろな効...

自律神経失調症について/⑤治療に使われる薬の種類と効果-4

【不眠を解消し、体のリズムをととのえる薬】 不眠などの睡眠障害は、生活のリズムを狂わすだけでなく、それ自体がストレスになり、症状を悪化させることにもなりかねません。この悪循環を防ぐのが「睡眠誘導薬」です。 ●健康的な眠りを取り戻...

自律神経失調症について/⑤治療に使われる薬の種類と効果-3

【落ち込みやイライラに効く薬】 抑うつ気分や不安感、イライラの解消に使われるのが「抗うつ薬」です。この種の薬は、顕著な効果が現れるまでに時間がかかる、という特徴があります。 ●抑うつ気分の改善や不安解消に効く 抗不安薬や睡...

自律神経失調症について/⑤治療に使われる薬の種類と効果-2

【自律神経のバランスをととのえる薬】 自律神経をコントロールしている脳の視床下部に働きかける「自律神経調整薬」と、自律神経の末端に働きかける「自律神経末梢作用薬」、いずれも自律神経の乱れをととのえます。 ●バランスを調整する「自...

自律神経失調症について/⑤治療に使われる薬の種類と効果-1

【不安をやわらげ、リラックスさせる薬】 自律神経失調症の薬でもっともよく使われるのが「抗不安薬」です。一般的には精神安定剤と呼ばれるもので、不安や緊張をやわらげる作用があります。 ●不安をやわらげて緊張を解く 「抗不安薬」...

認知症に使われるおもな薬と、認知症の人のために家族ができる10か条

【認知症に使われるおもな薬】 一般名:ドネペジル 製品名:アリセプト アセチルコリン(記憶や学習にかかわる神経伝達物質)を分解する酵素を阻害して、濃度を高める効果がある。 現在最も多く使用されている。 一般名:ガランタ...

心の病気と薬物療法について

心の病気の発症には、心理的な要因や社会的な要因とともに、脳の働きに代表される身体的(生物学的)な要因も大きく関係しています。 この生物学的な要因に働きかける最も基本的で有効な治療法とされるのが薬物療法です。 心の病気へ薬物を投与する...

知っておきたい、抗うつ薬の使用について

うつ病の気分の落ち込みは、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの働きの低下が原因ではないかと考えられています。 抗うつ薬はこれらの物質の活性を高める作用をもっています。 抗うつ薬は、服用して2週間ほど経過しないと効果は現れません。 ...