心の病気

心の病気

統合失調症について/2.統合失調症とはどのような病気か【統合失調症は再発しやすい】

●薬を勝手にやめると再発しやすい 休息期を過ぎ、回復期となって症状が改善してくると、少しずつ元気が出てきて、患者さんの心身も安定してきます。 しかし、この時期は、ちょっとした油断で「再発」してしまうことがあるので、注意が必要です...
心の病気

統合失調症について/2.統合失調症とはどのような病気か【統合失調症の経過と予後】

●前兆期(前駆期)と急性期 統合失調症の経過(病期)は、個人差がありますが、大きくは「急性期」と「慢性期」に分けられます。 急性期は、発症してから1ヵ月~数ヵ月ぐらいの期間で、症状としては陽性症状が優勢な時期です。 妄想や幻覚など...
心の病気

統合失調症について/2.統合失調症とはどのような病気か【統合失調症になる原因・きっかけ②】

■遺伝的な要因 統合失調症は、いわゆる「遺伝病」ではありません。 これまでの研究では、患者さんの約9割は両親が統合失調症ではなく、おいやめいなどの3親等まで調べてみても、約63%までは遺伝的負因はないと報告されています。 ただ、父...
心の病気

統合失調症について/2.統合失調症とはどのような病気か【統合失調症になる原因・きっかけ①】

●病気を引き起こすいくつかの要因 統合失調症の根本的な原因はまだ解明されていませんが、一つの原因に起因するのではなく、いくつかのリスク要因が重なって発症すると考えられています。 現在考えられている原因としては、脳の生物学的な要因、心...
心の病気

統合失調症について/2.統合失調症とはどのような病気か【統合失調症は若い人に多い病気】

●脳の「統合機能」が一時的にそこなわれる病気 統合失調症の「統合」とは、思考や行動、感情などを一つの目的にそってまとめていく能力のことです。 つまり、統合失調症とは、「脳の統合機能が一時的に失調する病気」であり、そのために、幻覚(幻...
心の病気

統合失調症について/1.統合失調症の症状について知る【早く治療を開始すれば早く回復する】

●なぜ「早期発見」が大切なのか どんな病気でも、発病したあと放置すれば、確実に症状は悪化し、慢性化します。 特に、統合失調症の場合、発症してから最初の2~3年の病気の状態が、その後の予後(将来の経過)に大きな影響をおよぼすといわれま...
心の病気

統合失調症について/1.統合失調症の症状について知る【症状8 認知機能障害…改善にはリハビリが必要】

●早くからあらわれる「認知機能障害」 認知機能障害は、陽性症状や陰性症状とともに、統合失調症の中核的な症状です。 認知機能とは、人間がものを認識(知覚)するための知的な機能や能力のことで、記憶力、判断力、集中力、実行力、計画能力...
心の病気

統合失調症について/1.統合失調症の症状について知る【症状7 生活のしづらさ】

●あとまで残る「生活障害」 陰性症状や認知機能障害などがあると、日常生活や社会生活を送る上で、さまざまな障害(生活障害)が残ることがあります。 生活障害には個人差がありますが、よく見られる障害には次のようなものがあります。 ...
心の病気

統合失調症について/1.統合失調症の症状について知る【症状6 陰性症状…感情の平板化・意欲の減退など】

●慢性期にあらわれやすい「陰性症状」 統合失調症になるとさまざまな症状があらわれますが、大きくは、急性期に活発に見られる幻覚や妄想などの「陽性症状」と、陽性症状がおさまったあとの慢性期に多く見られる「陰性症状」とに分けることができます...
心の病気

統合失調症について/1.統合失調症の症状について知る【症状5 興奮・昏迷・暴力など】

●急性期にあらわれる「緊張病性症状」 統合失調症の急性期には、幻覚(幻聴)や妄想などの症状のほか、まれに興奮や昏迷、攻撃性、暴力性といった「緊張病性症状」があらわれる場合があります。 統合失調症の興奮は、「精神運動興奮」と呼ばれ...