メンタルケア

メンタルケア

認知行動療法とは-⑧ ~考え方と治療の流れ~【メンタルヘルスの予防的とり組みとしても役立つ】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-⑦ ~考え方と治療の流れ~【認知行動療法のおもな種類-2 <認知へのアプローチ法>】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-⑥ ~考え方と治療の流れ~【認知行動療法のおもな種類-1 <行動へのアプローチ法>】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-⑤ ~考え方と治療の流れ~【従来の心理療法に比べ、効率よく問題を解決できる】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-④ ~考え方と治療の流れ~【行動を変えて、新たな認知の効果に気づく】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-③ ~考え方と治療の流れ~【認知には、自動思考とスキーマがある】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-② ~考え方と治療の流れ~【つらくなりやすい認知を別の認知に変える】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

認知行動療法とは-① ~考え方と治療の流れ~【認知行動療法で、ものごとの捉えかたを変える】

こころの病気の概念は、この数十年で大きく変化しています。 たとえば、こころの病気としてもっともよく知られている、うつ病。 以前は、「何をしていてもつらい」「楽しみをいっさい感じられない」という、慢性的なうつ症状を訴える人が中心でした...
メンタルケア

児童虐待と子どもの心の問題【児童期・思春期の心の現象】

現代社会において大きな問題となっている児童虐待ですが、そのような報道を目にするたびに、非常に痛ましく、憤りを感じ、胸が締め付けられる想いです。 虐待を受けた子どもは、大切な成長過程において、自己評価が低く、自己肯定ができにくくなるなど...
メンタルケア

いじめ。心身の苦痛の深刻さを気遣うことが重要【児童期・思春期の心の現象】

【見えないいじめと、見えるいじめ】 一口に「いじめ」といっても、「暴力を伴ういじめ」から「暴力を伴わないいじめ」まで幅広い行為が含まれます。 「暴力を伴わないいじめ」の典型例は、仲間はずれ、無視、陰口で、これらはほとんどの子どもが被害者...