ストレス

うつ病

うつ病治療の基本【うつ病はどう治す?】

【治療の中心は薬物療法】 うつ病の治療は、薬物による治療と、十分な休養の二つが大きな柱となります。 そして、状況に応じて精神療法が行われます。 中でも、中心となるのが、抗うつ薬による薬物療法です。 精神疾患の薬と聞くと、「体...
パニック障害

自分に合ったリラックス法でストレスをやわらげる【パニック障害・回復に近づくための日常生活のケア】

ストレスがたまると、自律神経やホルモンの働きにも影響が出て、心身の調子をくずす原因となります。 以下に紹介するのは、いずれもストレスをやわらげる効果があるリラックス法です。 つづけて行うと、自律神経も安定してきます。 ●自律神経を...
パニック障害

リスクを避け、ストレスをためない【パニック障害・回復に近づくための日常生活のケア】

【過労、睡眠不足、カゼは症状悪化の三大リスク】 パニック障害は、無理のきかない病気です。 療養生活では、何をするにも度を越さないように控えめにします。 パニック障害は心の病気ですが、体力も落ちるため、節制を心がけることが大切で...
パニック障害

不安からくる食事の乱れを改善する【パニック障害・回復に近づくための日常生活のケア】

【規則正しい食生活は、生活全般をととのえる】 食事は生活の核となる大切なものです。 食事が不規則になってくると、「体内時計」のリズムが乱れ、生活全般が乱れてきます。 朝昼晩決まった時間に、規則正しく適量の食事をとることは、健康...
うつ病

職場との連携/「外因性」「心因性」「内因性」という分け方【うつ病になってしまったら?】

【治療には職場の理解と協力が欠かせない】 うつ病の患者さんが会社に勤めている場合は、長期間休まなければならないので、家族ばかりでなく、職場の人の理解と協力が欠かせません。 ただ、うつ病の患者さんは、まじめで責任感が強い人が多いの...
パニック障害

自律訓練法…心身をリラックスさせる【パニック障害の精神療法-6】/神経質な人に向く「森田療法」とは

【緊張をほぐしストレスへの抵抗力をつける】 不安や恐怖は心も体も緊張状態にし、その緊張が神経を過敏にして、さらに発作を起こしやすくします。 パニック障害の患者さんにとって、緊張をときほぐすリラックス法を身につけることには大きな意...
うつ病

ストレスホルモンと脳内の変化【うつ病はどうして起こる?】

【わかってきた偏桃体の役割】 強いストレスを受けつづけると、なぜうつ病になるのでしょうか。 うつ病はさまざまな要因が複雑にからみ合って発症しますが、近年の研究によって、その基盤には脳内のメカニズムの障害という「生物学的な原因」が...
うつ病

ストレスを受けやすいタイプ【うつ病はどうして起こる?】

【ストレスの感じ方は人によって違う】 ストレスを考える上で重要なことは、ストレスに対する反応が、人によって大きく異なるということです。 同じような仕事をしていても、それを「やりがいがある」と感じて張りきる人もいれば、「きつい」と感じ...
うつ病

ストレスがあたえる影響-②【うつ病はどうして起こる?】

【慢性期のストレス症状】 ほとんどの人は、それほどストレスがかかっているという自覚のないまま、いつのまにか心の疲れがとれ、体の症状も改善されますが、そのまま疲労が蓄積していくと、体調はしだいに悪くなっていきます。慢性期のストレス症状に...
うつ病

ストレスがあたえる影響-①【うつ病はどうして起こる?】

【ストレス反応には3つの段階がある】 適度なストレスは、人間が活動するときのエネルギー源となりますが、あまりに強すぎると、心に変調をもたらし、うつ病を引き起こす原因となります。 特に、一時的な強いストレスよりも、長時間にわたってつづ...