うつ病

うつ病

社会復帰のタイミング【うつ病の再発予防と社会復帰】

【「慣らし運転」からはじめて徐々にレベルアップしていく】 治療が順調に進み、いわゆる「回復期」に入ると、会社員であれば、そろそろ会社に復帰するかどうかを検討します。 ただし、本人がいかに早い復帰を望んでも、タイミングをまちがうと、復...
うつ病

ストレスをためない工夫⑥ 質のよい食事と睡眠【うつ病の再発予防と社会復帰】

【食事は規則正しく、特に朝食は大切】 規則正しい生活は、自律神経のリズムを安定させ、ストレスに対する抵抗力を高めてくれます。 中でも、食事と睡眠は大切です。 食欲不振はうつ病の患者さんの多くに見られる症状ですが、1日3食、でき...
うつ病

ストレスをためない工夫⑤ 心と体の緊張をやわらげる【うつ病の再発予防と社会復帰】

【心身をリラックスさせる自律訓練法】 自律訓練法は、もともとは精神科の催眠療法から生まれた治療法で、自己暗示によって催眠と似た状態をつくり出すものです。 催眠状態は、心身をリラックスさせ、ストレスに対する抵抗力(耐性)を高めるとされ...
うつ病

ストレスをためない工夫④ ストレスを上手に解消する【うつ病の再発予防と社会復帰】

【たまりすぎる前に解消することが大切】 現代生活では、ストレスをなくすことはまず不可能です。 「ストレスはあってあたりまえ」と考え、その上で、ストレスをどのように発散・解消するかを考えましょう。 ストレスを上手に発散するために...
うつ病

ストレスをためない工夫③ ストレスに対する抵抗力をつける【うつ病の再発予防と社会復帰】

【ストレスは受け止め方で強くも弱くもなる】 同じようなストレスを受けても、人によってその受け止め方には差があります。 たとえば、同じ仕事をしても、それを「非常にきつい」と感じるか、「やりがいがある」と感じるかによって、仕事に対するス...
うつ病

ストレスをためない工夫② 悪玉ストレスを減らす【うつ病の再発予防と社会復帰】 

【ストレスをコントロールする3つの方法】 適度なストレスは、人間が生きていく上でのエネルギー源となりますが、過度のストレス(悪玉ストレス)は、心身に悪影響をあたえ、うつ病をはじめ、さまざまな心の病気の原因となります。 うつ病の再...
うつ病

ストレスをためない工夫① 生活のリズムをととのえる【うつ病の再発予防と社会復帰】

【規則正しい生活は「ストレス耐性」を高める】 ストレスをためると、うつ病の再発をまねきやすくなります。 そのためにも、ふだんの生活で、できるだけストレスをためないような工夫をすることが大切です。 それには、まず生活のリズムをと...
うつ病

うつ病、再発予防のための「維持療法」とは

【長い場合は1~3年程度薬を飲みつづける必要がある】 うつ病は再発しやすい病気なので、うつ病から完全に回復してもとの生活に復帰できたあとも、再発予防のために薬を服用して治療をつづける必要があります。 これを「維持療法」といいます。 ...
うつ病

再発を防ぐポイント【うつ病の再発予防と社会復帰】

【再発予防のために薬は一定期間飲みつづける】 うつ病は再発しやすい病気ですので、症状が改善しても油断は禁物です。 病気をしっかり治すためにも、ある程度の期間、薬を飲みつづけることが必要です。 薬を飲みつづける期間については、は...
うつ病

うつ病は再発しやすい【うつ病の再発予防と社会復帰】

【再発しやすい病気だが心配しすぎない】 うつ病は適切な治療を受ければ治る病気ですが、残念ながら再発しやすい病気でもあるということは知っておく必要があります。 統計によれば、はじめてうつ病になった人のうち50~60%は再発をすると...