パートナーとうまくいかない【しんどくならない人間関係のコツ】

心の持ち方

結婚しているかどうかに関わらず、パートナーとうまくいっていないときの選択肢は、大きく言えば、別れるか・続けるかです。
もし別れる決心がついていなければ、続けると仮定して、現状維持か・関係改善の努力をするかを決めましょう。
まずは、あなたの本音はどうなのか、自分の胸によく聞いてみてください。

多くの人は「別れないために」相談に来られますが、改善の努力はもうしたくないという人もいます。
もし、相手に暴力や暴言などのDV(ドメスティック・バイオレンス)や酒・ギャンブルの依存症などがある場合は、カウンセラーとしても改善の努力より逃げて身を守ることを支持します。
しかし、コミュニケーションの問題が原因となっているときは、別れる前に一度改善の努力をしてみませんかと提案しています。

なぜなら、コミュニケーションがうまくいっていないということは、ご自身のコミュニケーションのとり方にも問題があるということなので、相手を変えてもまた同じ問題が起こってくるからです。

だったら、今の相手に対して努力してみて、もし関係が改善すればそれに越したことはありません。
努力しても響かない相手であれば、もう迷うことなく別れる決心がつくでしょう。

そもそも、別れる決心がついていれば相談には訪れません。
相談したいと思うのは、どこかに迷いがあるということ。
であれば、迷いを消すために、やるだけのことはやって納得して決断を下しましょう。

特に、コミュニケーションの改善に成功すると、パートナーとの関係だけでなく、あらゆる人間関係が改善し、自分自身がとてもラクになるので、この努力は決してムダになりません。

実際に、パートナーとの関係でご相談にいらして、コミュニケーションの努力をされた結果、関係が改善された人も、別れて新しい幸せをつかんだ人もいます。
どちらのパターンの人もとても幸せそうです。
きっと、努力したことへのごほうびでしょう。

ご参考までに、パートナーとうまくいっている人に共通することは、コミュニケーションをまめにとっている、相手の自由を尊重している、相手が大事にしていることを尊重する、ダメ出しをしない、自分の考えをおしつけない等々。
そして、究極は、もし離れたり別れたりすることがあっても、相手が幸せならそれでいいと願う気持ちをもっているということではないかと思いますが、いかがでしょうか。

うまくいかない原因がコミュニケーションなら、まず改善の努力をしてみましょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

コメント