児童虐待と子どもの心の問題【児童期・思春期の心の現象】

メンタルケア

現代社会において大きな問題となっている児童虐待ですが、そのような報道を目にするたびに、非常に痛ましく、憤りを感じ、胸が締め付けられる想いです。

虐待を受けた子どもは、大切な成長過程において、自己評価が低く、自己肯定ができにくくなるなど、心と身体に深刻な影響を及ぼします。

【児童虐待の相談件数は増加の一途】
保護者やその周囲の人が、児童に対して虐待を加えることを、児童虐待といいます。
虐待はその内容により次の4つに分けられます。

①殴る、蹴る、やけどを負わせるなどの身体的虐待
②子どもへの性的行為や性的行為を見せるなどの性的虐待
③家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にするなどのネグレクト(育児放棄)
④言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱いなどの心理的虐待

【早期発見と対応を】
虐待は子どもの心に深刻な影響を与えます。
また、身体の発育が悪くなる、虐待の世代間連鎖の恐れなども考えられます。

虐待は早期発見が重要です。
もし自分が虐待している、または子どもが虐待されていると思ったら、すみやかに児童相談所や福祉事務所に相談しましょう。
ちなみに、児童虐待の防止等に関する法律(通称「児童虐待防止法」)によって、虐待に気づいたら一般の人にも児童相談所等への通告が義務づけられています。

保護された子どもたちは、精神的にも肉体的にも病んでいますから、保護者の代わりに社会が寄り添い、安全な生活を保障し、支援していくことが大切です。
特に、危機的虐待を受けていると判断される場合は、児童福祉法によって児童相談所が一時保護し、その後、児童養護施設や乳児院、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設、母子生活支援施設などに入所したり、里親に預けられたりします。
そして、家庭でも安心して暮らせる状況が整ったと児童相談所が判断したときは、支援を受けながら家庭に戻ることもあります。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史