女性の更年期障害について【女性ホルモンの減少、環境の変化が大きく影響】

心の病気

【どんな病気?】
ホルモンバランスの崩れと、ライフステージの変化による喪失感

女性の更年期は、卵巣機能が低下し、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)が減少する45~55歳ぐらいの10年間をいいます。
エストロゲンの分泌量が減ると、卵巣刺激ホルモン(卵巣へエストロゲンを分泌するように命令を伝える、脳下垂体から分泌されるホルモン)の分泌が増えます。
そのため、ホルモンバランスが乱れ、はじめに紹介したようなさまざまな症状が心身に混在して現れます。
これが更年期障害です。

45~55歳という年齢は、女性のライフステージではひとつの区切りともなる時期です。
子どもが、進学や就職、結婚などで手を離れ、「母親」としての役目が終わったと感じて喪失感を抱く人もいます。
さらに、親の介護による疲労、体力や若さが失われていくことへの不安なども重なり、体調不良とも相まって、うつを発症することもあります。

更年期に感じる症状は個人差が大きく、ほとんど気にならない人もいれば、日常生活に支障をきたすほどの症状に悩まされる人もいます。

【症状】
<精神症状>
●イライラする ●神経質になる ●不安感が拭えない ●気分が落ち込む ●なかなか寝つけない ●寝汗をかいて目が覚める

<身体症状>
〇ほてり 〇のぼせ 〇多汗 〇めまい 〇動悸 〇手足の冷え 〇腰痛 〇頻尿 〇耳鳴り 〇頭痛 〇肩こり 〇倦怠感などの自律神経失調症状

【病因】
<遺伝・体質的な背景>
若い頃の無理なダイエットや不規則な生活によってホルモンバランスが乱れていることも原因として考えられる。

<心理・社会的な要因>
更年期には子どもの独立、夫の定年、親の介護など、生活のリズムにさまざまな変化が起こり、それから感じるストレスが影響すると考えられる。

<脳・神経機能の関与>
女性ホルモン(エストロゲン)の減少で脳が混乱を起こし、卵胞刺激ホルモンの分泌を促したり、自律神経が乱れることが原因となる。

【治療法】
<薬物療法>
エストロゲンを補充するホルモン補充療法や漢方療法、抗うつ薬など。
漢方療法は、副作用や依存性を心配する人にも抵抗が少ない。

<精神療法>
カウンセリングなど。

【経過】
個人差があるが、一般的には、閉経後、数年で症状が治まる。
治療法によってその期間は異なる。
ホルモン補充療法は、最低3か月は続ける必要がある。
漢方薬は、速効性は少ないが、体調の改善を図るため月に1回ぐらい通院し、本人に見合った薬を探していく。

【受診の目安】
婦人科で調べてもらう

更年期障害は、その症状をほとんど感じないほど軽くすむ人もいれば、日常生活ができないほど重い人もいます。
症状につらさを感じたら、「みんなが経験するものだから」と無理をしないで、婦人科などの医療機関を受診しましょう。
女性ホルモン(エストロゲンや卵胞刺激ホルモン)の分泌量を調べることで、更年期障害であるかどうかがわかり、適切な治療を開始できます。

【本人や周囲が気をつけること】
自分でできることと、家庭の協力

まずは、乱れた生活リズムを改善する、栄養バランスのとれた食生活を心がける、運動不足の場合は適度な運動を取り入れる、自分に合ったリラックス方法を取り入れるなど、日常生活の改善を図りましょう。
カルシウムやビタミンなどのサプリメントを使用するのもよいでしょう。

家族の支えも必要です。
受診して更年期障害とわかったら、家族ができる範囲の協力をするようにしましょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史