神経性無食欲症(拒食症)について

心の病気

【どんな病気?】
神経性無食欲症(拒食症)は、神経性過食症とともに「摂食障害」と呼ばれています。
思春期(青年期)から成人期の早いうちに発症することが多く、圧倒的に女性に多く見られます。

ICD-10では、①体重が期待される値より少なくとも15%以上下回る、②「太る食物」を避け、やせるために自ら嘔吐したり激しい運動をしたり、下剤や食欲減退剤、利尿剤を使用する、③肥満への恐怖があり、自分の理想体重を低く決めている、④女性では無月経、男性では性欲や性的能力が減退する、⑤発症が思春期であれば、その時期に起こる成長が止まる、以上①~⑤の障害があるときに、神経性無食欲症と診断されます。

発症は単なるやせ願望から始まることがしばしばで、目標の体重まで落とせたという達成感から、急激にのめり込むこともあります。
「無食欲症」と名づけられていますが、実際に食欲がなくなるのは症状がかなり進んでからのことです。
それまでは、常に食べ物のことや太ることが意識の中心にあります。
自己評価が低く、完璧主義で、高い目標に向かって努力する人がかかりやすいといわれています。

【精神症状】
●極端なやせ願望 ●肥満恐怖 ●「自分は太っている」というボディイメージの歪み

【身体症状】
〇体重減少 〇無月経 〇低体温 〇低血圧 〇若年性更年期障害 〇筋力低下 〇浮腫(むくみ) 〇脱毛 〇色素沈着(シミやニキビの跡などが消えない状態) 〇便秘

【病因】
<遺伝・体質的な背景>
遺伝的になりやすい人がいることが分かっている。

<心理・社会的な要因>
性的な成熟に対する恐怖、家庭内不和、親からの高すぎる期待、過干渉、やせた女性が賛美される風潮の影響、低い自己評価、完璧主義など。

【治療法】
ほとんどの患者は外来で治療を受けるが、体重をすみやかに回復させるために入院が必要になる場合もある。
<薬物療法>
抗うつ薬、抗精神薬などを使用することも。
骨密度が低下している場合はカルシウムやビタミンDなどのサプリメントも使用する。

<精神療法>
行動療法、家族療法などで、体重が回復したあとも必要となることがある。

【経過】
症状によって異なる。
家族関係が良好で、体重減少が少ない場合などは、比較的短時間で回復することが多い。
しかし、長期化した場合は神経性過食症に移行して、嘔吐や下剤の乱用を起こしやすくなる。

精神疾患の中では死亡率が高く、重篤患者の約10%が栄養失調や、それに起因する身体疾患で死亡している。

【受診の目安】
本人には、自分が病気だという認識はないため、家族が気づいて治療を受けさせる必要があります。
内科で体重減少や体調不良について相談したり、婦人科で無月経の相談をすることから始めてもよいでしょう。
そこで心療内科や精神科の受診を勧められることもあります。

【本人や周囲が気をつけること】
神経性無食欲症には、育ってきた環境も密接に関係していると考えられます。
それは本人や家族に行われるカウンセリングなどから探っていきます。
そのうえで、家族療法が必要になるなど、医師からアドバイスや指示があります。
本人に対する家族の接し方も、そうしたアドバイスから考えていきましょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史