人間の学習行動のメカニズムについて

心理

人間は、生まれてから死ぬまでの間に多くのことを学習します。
学習とは、学校の勉強だけでなく、環境や経験などからも学習していきます。
心理学においてもこの学習に関して注目し、多くの研究がなされてきました。
代表的な「条件付け」を中心に学習行動についてお話していきます。

【条件反射について】
ロシアの生理学者、イワン・パブロフが発表した、有名な「パブロフの犬」の実験です。
①犬にエサをあげる時にまず、メトロノームを聞かせます。
②犬はエサを食べると唾液が出ます。
この①と②を繰り返し食事の時に行います。
すると、③犬は、そのメトロノームの音を聞くだけで唾液を出すようになり、この①と②を繰り返すことを条件付けといいます。
この条件を何度も繰り返すうちに無意識にその条件付けを学習し、③のような条件反射が起こるようになります。

【古典的条件付けについて】
「レモン」という言葉を聞くと自然に唾液が出てしまうのは、「レモンはすっぱい」という経験をして学習しているからです。
人間には元々すっぱいものを食べると唾液が出るという無条件反応が備わっています。
そこで、レモンはすっぱいということを経験することで「レモンはすっぱい=唾液が出る」という反応を学習し続けます。
そしてレモンを見ると唾液が出るという条件反射を無意識に起こしてしまうのです。
これを「古典的条件付け」といいます。
これは、私たちの日常生活でも多用されています。
例えば、コマーシャルなどできれいな俳優さんがビールをおいしそうに飲んでいる映像がよくあります。
そのコマーシャルを何度も見ることでこのビールがとてもおいしそうに感じ、つい購入してしまうのです。

【オペラント条件付けについて】
アメリカの心理学者、スキナーは、「スキナーボックス」という装置を使い、ネズミがレバーを押すとエサが出てくる実験を行いました。
ネズミは最初そのレバーを押すとエサが出てくることを知りませんが、何かのきっかけで偶然にレバーを押すとエサが出てくることを経験しました。
この偶然が何度か繰り返されるうちに、レバーを押すことでエサが出てくることを学習し、エサが欲しくなるとレバーを押すようになりました。
このように、何かの行動を行ったときにその行動に対して報酬や罰を与えることで、その行動をより強化することを「オペラント条件付け」といいます。
この条件付けを使った例で水族館などのイルカのショーがあります。
エサを与えることでイルカはジャンプをしたり、ボールを投げます。
これもオペラント条件付けを応用したものになります。

如何でしたでしょうか?
学習行動というのは、すごく興味深いものですね。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史