トラウマについて/3.これからの目標と道のりを見定める【どう治すのか?】

心の病気

「脳」と「体」の両面から働きかけていく

傷ついた心の状態を回復させるには、心の主要な部分を占める脳の働きの調整が必要です。
そのためには、考えたり理解したりするだけでなく、体を動かすことも役立ちます。

●頭を働かせるだけでなく、身体的な働きかけも大切

トラウマに対する専門的な治療は、心理療法を中心に進められていきます。

トラウマは、思考などにかかわる「理性脳」が、自律神経系と深く関連する「情動脳」を十分にコントロールできなくなっている状態ととらえることができます。
心理療法は、主に理性脳の働きを強化することで、脳の働きのバランスを取り戻す方法です。

一方、情動脳そのものの働きを調整するには、身体的な活動を通じた働きかけが有用です。

心は、脳内の活動だけで成り立つものではありません。
脳と体のつながりも心の一部です。
体の状態を整えていくことも大切です。

●薬物療法は補助的なもの

トラウマの症状をやわらげるために、抗うつ薬などを使った薬物療法がおこなわれることもあります。
服薬だけで症状が消えるわけではありませんが、つらい時期を乗り切る助けになることもあるでしょう。

一方で、脳機能に影響を与えて心理療法の効果が上がりにくくなったり、依存が生じたりするおそれもありますので、最低限の使用にとどめたほうがよいでしょう。

■2方向から脳の働きを整える

理性脳と情動脳の働き方のバランスを整えていくために、理性脳の働きを強めたり、情動脳の働きそのものを調整したりしていきます。

<トップダウンのアプローチ>
各種の心理療法は、主に理性脳の役割を強化するもの。
情動脳の過剰な興奮に気づき、コントロールできるようにしていきます。

<ボトムアップのアプローチ>
身体的な活動を通じて、情動脳の働きを調整していくことも可能です。

体の状態を整えていくことは、エネルギーや情報の流れを調整し、自己治癒力を高めることにもつながります。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/