大人の発達障害/2.発達障害は社会性の障害-人間関係がうまく保てない【対処②】

症状

ToDoリストを作ってチェック

発達障害がある人は、仕事の優先順位をつけることが苦手です。
やるべきことをリストアップして目のつくところに貼り、進行状況をチェックしていきましょう。

●自閉スペクトラム症でもADHDでも

発達障害のある人は、仕事の優先順位がつけられないという問題が起こります。
仕事が山積みになって、何から手をつけたらいいのか、わかりません。

自閉スペクトラム症では、全体と部分の把握が困難であることと、今後の展開が予測できない特性が関わっています。
目の前の作業に集中しすぎて、ほかの作業が目に入らないこともあります。

ADHDでは、衝動性や不注意が関わっています。
頭の中が混沌として、思考をまとめることができません。
何かをやっているときに別の仕事が入ると、今やっていることを忘れてしまいます。

●仕事を始める前にリストを作る

優先順位を間違えると、大きな問題になることもあります。
本来は先にやるべきことをやっていないと、残業してでも片づけないといけません。

一日の始めに、ToDoリストを作ることを習慣にしましょう。
メモ程度でもいいので、自分のために視覚化するのです。
複雑な手順がある仕事なら、フローチャートにするとよいでしょう。

予定外の仕事が入ったときには、いったん仕事の手を止めてリストを作り直します。

できれば、作ったリストは上司に確認してもらいましょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/