大人の発達障害/2.発達障害は社会性の障害-人間関係がうまく保てない【対処①】

症状

特性に合った仕事に就き、慣れれば大丈夫

職場でうまくいかない理由が本人にはわかりません。
叱責やミスが続くと、自信を失ってしまうことも。
しかし、慣れれば大丈夫。
まずは仕事を覚えてしまいましょう。

●人によって苦手なところが違う

発達障害がある人が、みな同じ症状ではありません。
同時並行作業が難しい、電話対応ができない、人の顔を覚えられない、変化に対する抵抗が強い、プレゼンテーションが苦手、相手の気持ちや立場をくむのが難しい、やりだしたら止まらない、ミスが多い、臨機応変が苦手など、さまざまです。
どのような職業が自分に向いているかを考えてみましょう。

自分の特性について的確に評価することが大切です。
医療機関はそのためにあります。
発達障害者支援センターや就労移行支援事業所の相談員も手助けしてくれるでしょう。

●仕事を覚えて慣れれば大丈夫

仕事を覚えることは簡単ではありません。
大きなストレスにさらされ、自信を失ってしまうこともあります。
しかし、人より時間はかかっても、慣れれば本来の力が発揮できると考えましょう。

●指示どおりにやってみよう

仕事を覚えても、状況によってやり方を変更するように指示されることもあります。
自分のやり方がいちばん正しいというこだわりが強いので、上司の指示に抵抗して人間関係を壊すことがあります。
「言われたとおりにやる」と決めたほうが、やりやすくなります

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/