⑤摂食障害を活用して成長しよう【病気から学ぶという考え方】

心の病気

どんな病気からも学べることはあります。

特に、病気の役割として優れているのは、それまでの生き方を見直す機会になるということです。

摂食障害のように、治る病気で、人生の比較的早い時点で発症する病気は、この観点から大いに活用すべきです。
私は、「元に戻りますか?」と質問する患者さんには、「せっかく病気になったのにただ元に戻ったのではもったいない。今までのやり方ではご自分にとって不健康だったから病気になったのであって、せっかく病気になったのだから新しいやり方を身につけてもっとストレスなく生きていけるようにしなければ」と申し上げています。
そのように「病気になったことには意味がある」という目で見てみると、摂食障害は確かに「なる価値」のある病気だと思います。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/