摂食障害について/④家族がつくり出す悪循環から抜け出そう!【質のよいコミュニケーションをしよう】

心の病気

●家族も病気を指標にする

摂食障害の人は、自己主張をしませんし、相手との「境界線」もはっきりしていないことが多いですから、家族の愚痴の聞き役になっていることが多いものです。
患者さん自身はその「境界線」の問題を改善していく必要がありますが、ご家族も、自分が患者さんに吹き込んだネガティブなエネルギーはそのまま摂食障害を維持するエネルギーになるのだということを自覚しておく必要があります。

もちろん、患者さんを頼っていろいろと話していたという習慣は簡単には変えられないこともあります。
そして、変えられない自分を責めたり、開き直ったりしているご家族を見かけることも多いのですが、患者さんが摂食障害を持ち、試行錯誤しながら前進していくのと同じように、ご家族も患者さんの摂食障害からいろいろなことを学びながら前進していただきたいと思います。

不適切なことをいってしまえば患者さんの具合は悪くなります。
治療にプラスになる対応ができたときは、患者さんの様子もやわらかくなります。
そんな繰り返しから学んでいただければ十分です。

そして、学べていることの喜びを患者さんに伝えることができれば何よりでしょう。
患者さんは常に「家族に迷惑をかけている」と自分を責めているものですから、「あなたが病気になってくれたおかげで、自分自身もいろいろと見直すチャンスになっている」という感謝は伝えたほうがよいでしょう。

●腫れ物に触るようにしない

一方、患者さんにネガティブなことをいってはいけない、ということを意識しすぎるあまり、患者さんを腫れ物扱いするようなご家族も見かけます。
これは患者さんにとってとてもつらいことです。
家族から疎外されていると感じるからです。
患者さんを腫れ物扱いしてしまうと、治療で目指していきたい「自分のやり方で大丈夫」という自信を得ることができなくなってしまいます。

腫れ物扱いをするご家族にその理由を聞くと、「こんなことをいったら、また不安定になるのではないかと怖いから」というような気持ちが根底にあります。

確かに、自分が症状悪化の引き金を引く可能性というのは怖いものです。
しかし同時に、どういうことをいうとプラスなのかマイナスなのかは、実践の中でしかわかりません。
そしてその答えを知っているのは患者さん本人なのです。
ですから、「こんなことをいったらどう思われるだろう」と思ったら、そのとおりにいえばよいでしょう。
「こんなことをいったらどう思われるか、と心配なんだけど、話しても大丈夫?」「きっと嫌な気持ちになると思うから、何でもいってほしいんだけど」などというように話せば、それが病気を決定的に悪化させるという可能性はまずありません。
病気が悪くなるのは、「だれもわかってくれない」という孤立感と強く関連するからです。
わかろうという努力が明らかである限り、患者さん本人も、わかってもらおうという努力を続けてくれるのが普通です。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/