自律神経失調症について/⑥心と体をいやすさまざまな療法-5

メンタルケア

【心身をリラックスさせる「自律訓練法」】

自己暗示により心身をリラックスさせる自律訓練法は、自律神経失調症の代表的な治療法です。心身の緊張を取るほか、日常の行動様式を ゛ユックリズム ゛にする効果もあります。

●自己暗示によって自律神経のバランスを調整

自律訓練法は、自己暗示をかけることで心身をリラックスさせ、自律神経のバランスをととのえていく治療法です。
ドイツの精神科医シュルツによって1962年に考案されて以来、心療内科における代表的な治療法として、広く使われています。
具体的には、受動的注意集中(変化を起こさせるのではなく起こるのを待つ)によって、中枢神経や脳の機能を調整し、本来の健全な状態へ心身をととのえていきます。

全身のリラックスを図る「標準公式」、特定の器官の緊張を取り去る「特定器官公式」、自らの意思で症状の再発を防ぐ「意思訓練公式」の3つの方式があり、そのうち、やや特殊な特定器官公式と意思訓練公式は原則として医師の指導のもとに行います。

●第1、第2公式だけでも効果が期待できる!

標準公式には、標準段階にあたる背景公式と、6段階の公式がありますが、このうち背景公式と第1、第2公式だけでも効果があります。

なお、最後には必ず、暗示を解くための「消去動作」を行います。

自律訓練法は、一度覚えてしまえば手軽に行えるものです。
副作用もほとんどなく、誰でも緊張や不安を取り除きたいときに行えます。
とくに、筋緊張性の頭痛、肩こり、入眠困難型の不眠、過敏性腸症候群などには有効です。

最近では自律訓練法の理解と習得のための一般的な書物があります。
しかし、自己流にならないように始めは心療内科の医師など専門家による指導を受けたほうがよいでしょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/