サラリーマン必見、心の病気にかかりやすい意外なタイプとは

ストレス

ストレスは人間の心と密接な関係にあります。
ストレスと心の関係が崩れてしまうと、心の病気にかかる事があります。
最近の研究で、ストレスに陥りやすいタイプというのが色々と分かってきました。
タイプA人間』とも言われており、このタイプの人間はうつ病や精神的な病気になりやすいタイプとも言われています。

タイプA人間を最初に提唱したアメリカの医師 フリードマンは、タイプA人間の特徴として、過度に競争心が強く、せっかちで攻撃的であるとしています。
タイプA人間は、いわゆる「真面目人間」で完全主義傾向が強く、時間や他人、自分に対しても適当なところで妥協が出来ないタイプで、慢性的に闘争的な反応を続ける事になります。
その為、少しでも上手くいかない事があると不安やイライラなどのストレス反応を起こしやすく、長引くとうつ病などの精神症状や、血管・心臓などに身体的な症状が起こりやすくなります。

タイプA人間には、以下の様な特徴があります。
【精神面】
●強い目標達成衝動
●競争心が旺盛である
●野心的である
●いつも時間に追われている感じがする
●性急でイラつきやすい
●過敏で警戒的
●早口である
●食事のスピードが早い

【行動面】
●一度に多くの事をやりたがる
●イライラがすぐに態度に出る
●挑発的な言動をする
●神経質な癖がある

その他のストレスに陥りやすいタイプとして、『内向的なタイプ』があります。
嫌な事があってもはっきり断る事が出来ず、イライラを自分の内に閉じ込めてしまう事が特徴です。
無理な仕事や付き合いを押し付けられても断る事が出来ずに無理をしてしまい、後で自己嫌悪に陥る事もあります。
これが蓄積されていくと、心や体のバランスを崩し、病気になる事もあります。

次に、『頑固なタイプ』です。
このタイプは一見ストレスとは無関係な感じもしますが、他人の失敗が見過ごせず、自分に厳しいと同時に他人にも厳しい性格で、必要もないのに頭に血がのぼってしまいます。
その怒りが、体に症状となって出てきやすいのです。

如何でしょうか?
一度、「自分はどのタイプなのだろうか?」という事を考え、上記に当てはまると思われる方は、ライフスタイルを見直してみるのも良いのではないでしょうか。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史