自律神経失調症について/④ストレスが自律神経を乱す!-5

ストレス

【ストレス病といわれている理由】

豊かさや便利さを追求し、休むことなく変容を遂げてきた現代社会、その中に取り込まれて生活している私たちの心や体には、どんな影響があるのでしょうか?

●環境の変化についていけない

自律神経失調症が「ストレス病」のひとつといわれるのは、現代人のライフスタイルが、ストレスの外的要因だけではなく内的要因にも影響を及ぼしているからです。

内的要因には体質や性格のほか、育った環境や周囲・社会の価値観が大きく影響します。
社会の風潮やしくみが目まぐるしく変わる中、その変化にうまく適応できない人が増えてきています。

●自分で自分を追い詰める

忙しい現代社会では、誰もがある程度のストレスを抱えながら生きています。
複雑な社会の中で「落ちこぼれ」にならないよう、周囲の期待や社会のシステムに合わせるため、環境の変化に過剰に反応することが多くなります。

過剰な反応は、心や体に無理がかかります。
それでも何とか周りに合わせようと、「我慢しなければならない」「がんばらなくてはならない」と本来なら適応できない状況に自分で自分を追い詰めてしまいがちです。

とくに性格的に「責任感が強い」「まじめ」「中途半端なことが嫌い」「頼まれるとイヤといえない」という傾向がある人は、精神的な負担が大きくなるので要注意です。

●便利さと引き換えに適応能力が衰える

便利になった現代社会は、人間に本来備わっている体の適応能力にも影響を及ぼしています。

たとえば今はほとんどの場所に冷暖房が備わっていますが、一年中快適な室温で過ごせるようになると、体は自分で体温調整をする必要がなくなり、その能力は弱まっていきます。
そんな中、ひとたび体温調節を必要とする環境に置かれると、体の対処能力が弱くなっているため、ストレスの内的要因となってしまうのです。

このように、私たちは知らず知らずのうちに、さまざまなストレスを抱え込んでいます。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/