自律神経失調症について/④ストレスが自律神経を乱す!-1

ストレス

【治療の第一歩は、ストレスを自覚すること】

ストレスは、自律神経失調症のバランスをくずす最大の原因、自律神経失調症は、ストレスのレベルが個人の許容範囲を超えたときに発症します。

●自律神経失調症の最大の原因はストレス

自律神経失調症は、おもに心理的な負担や不規則な生活習慣、あるいはその両方が影響して自律神経機能のバランスがくずれるために起こります。

心理的な負担は心のストレスに、不規則な生活習慣は体にとってストレスになるものです。
別ないい方をすると、自律神経失調症は心と体が受けたストレスに自律神経が過敏に反応している状態ということができます。

自律神経失調症の治療はまず、自分が何にストレスを感じているかを確認することから始まります。

●ストレス源とストレスは違う!

心身にストレスを感じさせる、人間の内部・外部からの刺激を「ストレス源」といいます。
しかし、このストレス源があるからといって、必ず体調が悪くなるわけではありません。
たとえば「イヤなことがあった」「仕事のプレッシャーを感じている」などのマイナス方向に働く刺激だけでなく、空腹、引っ越し、入社、入学、季節の変わり目、結婚、出産、近親者との死別など、人間が生きていくうえで出合う環境の変化、これらはすべてストレス源です。

一方、「ストレス」とは、動悸、不安、緊張など、ストレス源を受けたときの心身の状態です。
適度なストレスは生活にメリハリを与え、よい刺激になりますが、問題はストレスのレベルが個人の許容範囲を超え、うまく適応できなくなったときです。

一つのストレス源がどの程度のストレスを生み出すかは個人の考え方や性格のほか、家族のきずな、社会的ネットワークなどによって大きく変わってきます。

●本人が意識していないやっかいな原因も…

自律神経は「人間関係のトラブル」「仕事がきつい」など、一般にストレス的状況と考えられている状態だけでなく、本人が意識していない原因に対しても反応してしまうのがやっかいな点です。

けれども、自律神経失調症を治すには、原因となるストレスを自覚することが大切。
そのため、ストレス源とストレスをきちんと区別して考えることが必要です。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/