自律神経失調症について/③体と心に現れる症状のいろいろ-3

症状

【イライラ、不安、無気力など精神に現れる症状】

健康なときにはみられなかったイライラ、不安感、記憶力や集中力の低下、無気力などの精神的な症状に悩まされることが多くあります。

●精神と身体の不調は切り離せない

自律神経失調症は体の不調だけでなく、精神面の症状を伴うことが多くあります。

たとえば、わけもなく落ち込む、イライラする、不安を感じる、気分がよく変わる、怒りっぽくなる、興味・意欲が低下する、情緒不安定になる、集中力・記憶力が低下する、人と会いたくない、細かいことが気になるなどで、いずれも健康なときにはなかった症状です。

精神的な症状だけで独立して現れるのはまれで、多くの場合、全身症状や身体症状を伴います。
逆にいうと、自律神経の乱れによる体の不調があるために精神面での症状が起こっているともいえます。

人間誰でも倦怠感や疲労感に悩まされているときは意欲が低下しますし、いつめまいにおそわれるかわからない状況では不安感が増すものです。
とくに心の負担やストレスが大きく影響しているタイプの自律神経失調症では、精神面での症状が強く現れることがあります。

しかし、脳内の神経伝達物質、自律神経系、身体症状、精神症状のどれが原因で、どんな症状が強く現れるかは、個人によって異なります。

※よくみられる精神症状

<意欲低下、無気力感>
何もやる気が起きず、意欲がわかない。
仕事や家事、外出だけでなく、洗顔、入浴などの日常的な行動もおっくうになる。

<集中力・記憶力の低下>
ものごとに集中できない、少し前に聞いたことを思い出せないなどの症状があり、仕事や日常生活に支障が出る。

<情緒不安定>
家族や友人にあたるなど、ちょっとしたことでイライラしたり怒りっぽくなる。
また悲しい、孤独といった感情がわいて泣きたくなる。

<不安感、憂うつ感>
落ち込みが続いて気分が晴れない、気分の切り替えができない、不安を感じるなど。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/