社交不安症について/8.自己実現で乗り切ろう【④夢の実現計画を持とう-2】

心の病気

【人生計画の設定】

①長期計画の設定
時間と人生価値の二次元の表として人生設計を作成します。

時間は自分なりに見通せる先までとします。

私は、学生時代の計画は就職するまでとしました。
就職してからは、15年を大きな区切りとして、5年ごとに目標を定めるという計画を立てました。
これによって、独立して仕事をすることにしたのです。

現在の人生設計の柱は、家庭生活(愛情)、健康、自己実現、財政(収入)という項目で構成されています。

②年間計画と月間計画
5年間の目標が定まると、今年一年でどこまで達成するかの目標も定まります。
年間の目標が定まると、各月の目標が設定されます。
これを、毎年、年始めに二、三日費やして作り、手帳に蓄積しています。

また、いつも持ち歩くハンディな手帳の年間計画表にも記入します。
月の初めの日には、その月の目標を手帳に記入します。

年間計画や月間計画は、「〇〇をする」という行動としての目標・計画を書くことがポイントです
「〇〇をする」という目標・計画は、自分の努力のみで達成可能な目標だからです。

③週計画
週の初めに、今週の目標・計画を決めて、手帳に列記します。

実行したら、週目標の当該項目に二本線を引き、「済」と書いておきます。

週末に近づくにつれ、二本線が引かれる事項が増えていきますので、前進している様子がわかって、手帳を見るのが快感になります。
その週に済まなかった事項は、次の週の目標・計画として再び記入することにします。

④実行・点検・修正
できるだけ計画通りに実行するように努力します。

実行状況を、毎日、週、月間計画の実行状況について点検します。

大体は希望的な計画を立てがちなので、必ずしも計画通り実行できるわけではありません。
ですから、実行状況に応じて、計画を適宜修正していきます。

また、あまり厳格に計画通りにしようとすると、潤いのない、狭い生活になってしまいます。
柔軟性を持ちつつ、長期的に見れば目標達成に向けて進んでいる、という状態がいいようです。
「精神的に強くないと、目標に向けて長期的な努力などできない」と言う人がいます。
逆なのです。
心が弱いからこそ計画が必要なのです
計画がなかったら、日々の出来事だけに心を向けていくことになってしまうからこそ、計画が必要なのです。
計画がなくても実行できる人は、よほど心の強い人です。

【何ごとも行動しなければ変わらない】

「幸不幸は心の持ち方次第だ」と言われます。
部分的には真実ですが、部分的には誤りです。

幸不幸は私たちの心の持ち方のみで決まるのではなく、いかなる人生を作り出すかで決まるのです。
自分を成長させ、よりよい人生を作る努力をすることで、幸福と安心がもたらされるのです。

自分が勝手に作った苦しみ、こんなことで苦しんで、自分の人生を楽しめないなんてバカバカしいことです。
一度しかない人生。
自分があと数年で死んでも、満足できると思う人生を今作ることです。
満足できる人生を今、送ることです。
「そうしたいのはやまやまだが、それができないほどつらい」
それなら医者に行って、薬の助けを借りましょう。
カウンセラーの力を借りることにしましょう。

同時に、本ブログで紹介したつらさに耐える技術を身につけることです。

全部は必要ありません。
自分に合っていると思うもの、一つでも二つでも結構です。
とどまることなく前進しましょう。

行動しなければ、何ごとも変わりません。
「心は自転車と同じ」。
これは、ある方の言葉です。
自転車も心も、止まったら不安定になります。
視線を適度に前方に向けて、適度な速さで進むことで心も安定するのです

夢の実現に向かって、自分の望む人生に向かって、勇気をふるって進みましょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/