社交不安症について/8.自己実現で乗り切ろう【②社交不安の人の長所】

心の病気

【内気な性格のままでも成功できる】

成功した人々は、内気な性格を直してから、成功への取り組みを始めているのではありません。
内気な性格のままに、社交不安を抱えながら、それを糧にして、建設的な方向に自分の情熱を注いでいるのです。

あなたは、社交不安のために、他の人に迷惑をかけているわけではありません。
自分が苦しいだけなのであり、自分さえその苦しさを受け入れてしまえば、何ごともありません。
また、突き詰めていくと、そのつらささえ、自分で勝手に作り出しているものが大部分です。

ですから、「自分は社交不安が高い人」と、割り切って受け入れてしまえば、問題は消滅してしまうのです

社交不安の人には、以下のような長所があります。

①細やかな感受性
人と接することに負担を感じているので、人と人の内面についての感受性が磨かれていることが少なくありません。
また、社交場面に没入しないで一歩退いて見ていることが多いので、観察眼が優れていることもあります。

このために、人の細やかな心の動きに敏感で、人に共感でき、人に優しくできる素養があります

②他の人に尽くすことが喜び
社交不安の人は、控えめで遠慮がちです。
パーティでも、招かれた客として会話に加わっているよりも、何か手伝いをするほうが好きという人が少なくありません。
社交不安の人は、表で目立つ活躍を望むよりも、陰で役立つことで満足できます。

このために、人に尽くすことを喜びとすることができます

③仕事が丁寧
社交不安の人は、不安ゆえに常に先々のことを考えて仕事ができます。
そのために、やっつけ仕事ではなく、丁寧な仕事ができます
また、責任感が強いので、安心して仕事をまかせられます。

④成長への強い意欲
社交不安の人の多くは、「こうありたい」「こうでなければならない」という自分に対しての強い意欲を持っています。
この度が過ぎて、完璧主義として苦しめられる人も少なくないのですが、この意欲を成長へのエネルギーとすることです。

自己成長、自己実現に向けて活動することで、社交不安を乗り越えていくことを目指すことです。

⑤一人で仕事ができる
社交不安の人は、一人で耐えるがまん強さがあります。
これは、組織や集団に依存しないでも仕事ができる貴重な能力です。

多くの人が独立を夢見ています。
そして、大部分の人はその夢とは裏腹な人生を生きています。

しかし、私の周囲にも、会社を辞めて好きな金工の道に進んだ人、農業へと転身した人、大学教員を辞めて陶芸を選んだ人などがいます。
いずれも一人でも仕事ができる能力を持った人たちです。

インターネットによって、世界中の人と、いながらにしてつながり合うことができるようになり、仕事の可能性は限りなく広がっています。
遠隔地の人と共同して仕事ができます。
田舎に住みながら最先端の情報を得て、仕事をすることができます。

不安を感じやすい性質をそのまま受け入れ、これらの長所を生かす手だてを考えることです。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/