パニック障害の治療、大丈夫、電車に乗れない…は克服出来ます

心の病気

前回のブログで「パニック障害」の予期不安と広場恐怖についてお話ししましたが、今回はその治療についてお話しさせて頂きます。

パニック障害の治療は、先ずは薬物療法が中心となります。
薬の効果はとても高く、パニック発作を抑え、予期不安の症状を改善する働きがあります。
個人差はありますが、3~4週間の服用で効き目が現れ始め、殆んどの人が普通に生活出来る様になります。
ただ、発作の回数が少ない内に治療を始める事が大切であり、病気が進行すればする程、治療が長くかかります。
薬に対して抵抗感を持つ人もいますが、パニック障害の薬は怖いものではありません。
心配なら医師に相談し、治療していきましょう。

そして、発作がおさまってきたら、行動療法を併用していきます。
多くのパニック障害の人は、広場恐怖に苦しんでいます。
その恐怖は、誤った思い込みで出来上がったものにすぎません。
もし発作が再発しても、命にかかわったり、気が変になったりする事は絶対にありません。
行動療法とは、恐怖の対象へ少しずつ近づいていって、誤った思い込みである事を認識させ、恐怖を克服していく治療です。

行動療法では、先ず、「一人で電車に乗れる様になりたい」など、具体的な目標を設定する事からスタートします。
次に、その目標をいくつかの小さな段階に分けて、一番楽なものから挑戦していきます。
そして、その場所に慣れる事が出来たら、次の段階へと進んでいきます。
大切な事は、一つ一つの段階で、ここに来ても何も起こらないのだという事をしっかり確認する事です。

【電車に乗れない人の場合】
①駅の改札口まで行く。
②プラットホームに立つ。
③誰かに付き添ってもらって、1駅だけ乗る。
④1人で1駅だけ乗る。
⑤各駅停車で2駅以上乗る。
⑥急行電車で1駅だけ乗る。
⑦急行電車で2駅以上乗る。

この様に、恐怖の対象を一つずつ克服し、普通の生活を送れる様にしていきます。
一歩を踏み出す勇気と、ほんの些細な事でも、前日より進歩した自分を褒めてあげる事が大切です。

そして、油断すると、ストレスは心に大きくのしかかります。
ストレスから逃れるのではなく、ストレスと上手に付き合うコツを身につけましょう。

焦らずに一歩一歩前進していけば、大丈夫、パニック障害は治ります。

現在、パニック障害で苦しんでおられる方には、私自身の克服経験もお話しし、完治に向けて二人三脚で取り組ませて頂きます。
お気軽にご相談くださいませ。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史