社交不安症について/6.この行動で乗り切ろう【④社交技術を身につけよう-1】

心の病気

【ソシアルスキル・トレーニング】

社会的場面でうまく適応できないのは、適切な社会的技能が習得されていないためだととらえ、欠けている技能の習得を目指すのが、ソシアルスキル・トレーニング(社会的技能訓練)です。

社会的場面で要求される技能は複雑で微妙なものですが、それを具体的で個別的な技能に分解することで、修得することを可能にするのです。
社交場面であれば、挨拶するスキル、話をつなぐスキル、葛藤を避けるスキル、葛藤を解決するスキル、自分の感情をコントロールするスキルなどが考えられます。

社交不安の人は、独特なソシアルスキルを習得しています。
とくに顕著なのは、多様で巧みな回避行動です。
たとえば、同僚と一緒にならないように退社時間をずらすとか、出たくない会合のある日に別な用事を入れるなどです。
こうした回避行動は適切なソシアルスキルではないので、適切なソシアルスキルに修正するのです。

【ソシアルスキル・トレーニングの手順】

ソシアルスキル・トレーニングは、一般に次のような手順で進められます。

①問題の明確化
問題となるのはどのような場面で、それはいかなるスキルに問題があるためであるかを明らかにします。

たとえば、「会話が続かなくて、気まずい雰囲気になってしまう」ということであれば、「会話するスキル」の問題ということになります。

②スキルの分析
上で問題となったスキルを、さらに下位スキルに分析します。

この場合、「話す内容を蓄積する」「話を始める」「話を展開する」「相手に話させる」「場を和ませる」「聞き方」などの下位スキルが考えられます。

③修得するスキルの選択
問題を改善するのに有効なスキルは何かを考えて、習得するスキルを決めます。

④スキルの練習
上のスキルを、メンタル・リハーサルしたり、実際の場面で試してみることで習得していきます。

⇒ 「2」へつづく

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/