実はサラリーマンに起こりやすい、ストレスによる自律神経症状

ストレス

自律神経系は、血圧や呼吸数など、体内の特定のプロセスを調節している神経系です。
意識的な努力を必要とせず、自動的(自律的)に機能するのが特徴です。

自律神経系は、以下の2つに分けられます。
●交感神経系
●副交感神経系

自律神経系は、体内や体外の環境に関する情報を受け取って、体内プロセスを制御します。
機能を刺激(促進)するには主に交感神経系、機能を抑制するには主に副交感神経系が使われます。

多くの臓器は、交感神経系と副交感神経系のどちらか一方によって主に制御されていますが、1つの臓器に対して両方の神経系がそれぞれ反対の作用を及ぼしている場合もあります。
例えば、交換神経系は血圧を上昇させますが、副交感神経系は血圧を低下させます。
全体として、2つの神経系が協調して機能する事で、体は様々な状況に対して適切に反応出来る様になっています。

ストレスの多い状況や緊急事態に直面すると、体の状態を整えようとします。(闘争・逃走反応)
その為、交感神経系は、心拍数を増やし、心臓の収縮力を高め、呼吸がしやすくなる様に気道を広げ(拡張し)ます。
これにより、蓄えられたエネルギーが体から放出され、筋肉に大きな力が入る様になります。
この神経系は又、手のひらの発汗、瞳孔の散大、体毛の逆立ちなども引き起こします。
その一方で、緊急時にあまり重要でない機能(消化や排尿など)を鈍らせます。

その結果、起立性低血圧、目眩、体温調整障害、頻尿など、様々な不調が現れるのです。

サラリーマンが日常生活で出来る予防法としては、以下の方法が挙げられます。
●精神的なストレスに強くなる。(上手く付き合っていく)
●心身をリラックスさせる方法を見付ける。
●ライフスタイルを見直す。
●適度な運動をする。
●ビジネス書を読んでみる。
●カルシウムを積極的にとる。(神経の働きの緊張を鎮め、精神的なイライラを抑える効果があります)

不快な症状を放っておくと、鬱病やパニック症などの心の病気に発展してしまう事がありますので、日頃からストレスを溜めない様な努力を心掛けましょう。

解決策が見付からない場合は、いつでもお気軽にご相談にお越し下さいね。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史