パーソナリティ障害について【平均的な人々から見て考え方や行動が大きく外れる】

心の病気

【どんな病気?】
社会に適応しにくく、本人も苦しく、周囲に混乱を与える

ものの考え方や感じ方、行動のしかた(=パーソナリティ)が、平均的な人々に比べて大きく偏っています。
そのため、社会に適応しにくく、仕事が果たせない、人づきあいがうまくできないなど、日常生活にも支障が出てきます。
自分自身が苦しむだけでなく、周囲の人々には混乱を与えやすいという問題があります。

パーソナリティ障害は、最も目立つ症状によって8種類に分類することができます。
1人がひとつの型にきっちり収まるのはまれで、いくつかの型が混在して現れることが多いようです。

症状は幼児期から思春期に現れ、成人以降も続きます。
症状は一貫して継続するという特徴があります。

【精神症状】

●ものの考え方や感じ方、行動のしかたが、平均的な人々から見て常に著しく偏っている ●そのことで本人が苦しんでいる、あるいは社会生活に障害が出ている

【身体症状】

特になし。

【病因】

<遺伝・体質的な背景>
解明されていないが、遺伝・体質的な要因が大きいと考えられている。

<心理・社会的な要因>
親の接し方、文化の価値基準なども影響を及ぼすと考えられる。

<脳・神経機能の関与>
誕生前の脳の成熟異常、誕生後の脳や中枢神経の障害、神経伝達物質(脳内の神経細胞間の情報を伝達するもの)やホルモン変化のかかわりが指摘されている。

【治療法】

治療を受けることで、抱えている問題に対して少しずつ上手に対処できるようになる。

<薬物療法>
抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬などを服用する。
これらはパーソナリティ障害の人がうつ病や統合失調症を発症した場合にも有効。

<精神療法>
今の社会に適うような、ものの受け止め方や行動のしかたができるようにしていく。
支持的精神療法、認知行動療法、精神分析的精神療法やカウンセリングなどが行われる。
パーソナリティ障害の種類によっては効果的な治療プログラムが開発されているものもある。

【経過】

症状により異なるが、治療を続ければ年齢とともに徐々に回復していく。

【受診の目安】
家族だけでも受診できる

自然治癒はあまり期待できません。
周囲の人がパーソナリティ障害の特性に気づいたら、まずは本人と一緒に精神科を訪れて相談しましょう。
本人と相性のよい主治医を探すことも大切です。

本人が行きたがらない場合は、家族だけで受診することも可能です。
精神科を訪れる前に、地域の保健所や精神保健センターに相談してみるのもよいでしょう。

【本人や周囲が気をつけること】
さまざまなサポート体制を活用して家族の健康にも気をつける

パーソナリティ障害をもつ本人との生活に不安を抱えている人もいることでしょう。
ストレスを感じたらリラックスするよう心がけることが大切です。
また、本人と適度な距離を保ちつつ、本人が困っていることに共感を示し、話に耳を傾けることも必要です。

パーソナリティ障害に対しては、外部からのサポート体制も充実しつつあります。
自助グループや保健医療チームなどのサポートを受けることも可能です。
このような支援を利用することで、家族自身の身体的、精神的健康にも気をつけるようにしましょう。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/

コメント