社交不安症について/1.何を恐れているのか【④嫌われることへの恐れ】

心の病気

社交不安を感じる場面とは、殴られたり、刃物で傷つけられたりするわけではありません。
それなのに、不安になったり、恐れてしまうのは、いったい何を恐れているのでしょうか?

④嫌われることへの恐れ

【嫌われたくないから「ノー」と言えない】

社交不安の中には、人から嫌われることを恐れる人に好かれていないと不安、という心理も含まれます。

このために社交不安の人は、人から気に入られたいという思いが強く、他の人の感情を害することをとても恐れます。
ですから、路上でのキャッチセールスにさえ「ノー」と言うのが苦痛です。
そうした人に声をかけられないようにと、目を合わせず、後ろ側を通るようにしている、という人もいます。

嫌われることへの不安が強いと、誰にでもよい顔をする八方美人になります
誰にでもよい人として印象づけようとして、相手に合わせて自分を変えます。
そうなると、演技しているという意識が強くなり、確たる自分があるという意識を持てません。

他の人から見捨てられることをひどく恐れるケースもあります

ある女子学生が、親友から見捨てられたと泣いて訴えてきたことがあります。
苦手な実習の時間に親友に聞きながらやっていたところ、「自分でできるところは自分でやって」と、教えるのを拒否されました。
しかし、その親友は他の人には教えていたというのです。

また、別な女子学生は、「自分は他の人のように、おべんちゃらが言えない。だから、友達が慣れてきたら、自分を嫌いになって離れていくのではないかと心配です」と語っていました。

嫌われることを恐れる人の中には、皮肉を言うとか、わざと嫌われるようなことをするなど、前もって防衛行動をとる人がいます。
自分が相手を受け入れなければ、相手が自分を受け入れてくれなくても傷つかないで済むからです。

【非難されることへの恐れ】

嫌われるのを恐れるという心理には、非難されることへの恐れが含まれる場合があります。
この場合には、自分を主張したり、自分の意思を表明しようとすると不安になります

中学時代に、ある意見の対立をきっかけにクラス内で浮いた存在になってしまった体験を持つ女子学生は、それ以来、自分が非難されないようにと、他の人の顔色をうかがいながら行動するようになった、と言います。
相手が間違っていて、自分のほうが正しいと思っても言い返すことができません。
断定的に言えず、いつでも婉曲に言います。
「他の人のことなど考えずに済むようになったら、どんなに楽だろう」と思っています。

【自分が他の人に不快感を与えてしまう恐怖】

自分が他の人に不快感を与えてしまうのではないか、という心配が負担になっている人もいます。

この典型は、醜形恐怖体臭恐怖などです。
これは自分の容貌や体型、体臭などを恐れているのですが、同時に、他の人の感情を害することを恐れてもいるのです。

また、自分はつまらない人間なので、自分がいることで場を盛り下げてしまうのではないか、と恐れる人は少なくありません。

こうした人は、気を遣って場を盛り上げようとして、それがかえって雰囲気を壊してしまうことがあります。
そうした体験が、ますます自分はつまらない人間だという信念を強化することになります。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/