人と話すのが苦手【相手の気持ちを考えてみる】

心の持ち方

コミュニケーションが苦手だと言う人は、その理由を、よく「うまく話せないから」だと言います。
しかし、もし「うまく話す」=「おもしろおかしく話して相手を笑わせること」だと思っているなら、それは誤解です。
うまく話すというのは相手にわかりやすく整理して話すということ。
おもしろい話をして、笑いをとることではありません。
芸人を目指しているわけではないのですから、目的は相手を笑わせることではなくわかってもらうことです。
むしろ、受けを狙ってばかりいる人は中身がなく、薄っぺらい印象を与えます。

人前で話すときにあがる人も多いと思いますが、「受けよう」「笑わせよう」と力が入って、自分で自分にプレッシャーをかけているのかもしれません。
私もサラリーマン時代、人前で話すことが多々ありましたが、当初は異常にあがってしまい、苦痛で仕方ありませんでした。
しかし、憧れの先輩のプレゼンを聞いた時、聞き手にまったく媚びず無理に笑いをとろうとしなくても、落ちついてしっかりと中身のある話をすれば聞き手は十分満足するという体験をし、以降、中身で勝負しようと切り替えたところ、過剰な緊張から解放されました。
それで余裕ができたせいか、かえってたまには笑ってもらえるようにもなりました。

人を意識して笑わせるのはとても難しいことです。
会話の最上級レベルと言ってもいいでしょう。
会話に苦手意識がある人は、いきなり上級者になろうとしないで、初級から順番に練習することが大事です。

初級としては、何も話さなくていいからその場にニコニコして居続けること
人はいい聞き手がいればいくらでも話したいものなので、初めは無理に話す必要はありません。
まず、人の話をしっかり聴いて、その場になじむことから始めましょう。
次は、「そうなんだ」「すごい」などとあいずちをうってみましょう。

会話に参加するにはいい聞き手になることが大事です
無理に自分のことを話さなくても大丈夫です。
聴くことさえできれば、どこへ行ってもなんとか対応できるものです。
実は、おもしろい話をして人の注目を集める人は、意外と人の話を聴くことは苦手であることも多いのです。
そして、個人的に信頼される人というのは派手さがなくても誠実であること、人の話をしっかり聴けることです。
話しぶりからあなたの誠実さは必ず伝わります。

★おもしろい話は必要ありません。
ニコニコしながら人の話を聴ければ充分です。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/