正しいかどうかにこだわってしまう【思いこみや妄想癖を修正!】

心の持ち方

「私が言ってることは間違ってないですよね」「何が正しいかわからないんです」

このように、カウンセリングでは、正しいかどうかということがよく話題になります。
それだけ「正しくなければならない」と思いこんでつらくなっている人が多いということです。

ところで、「正しい」とは誰がどうやってきめるのでしょうか。

常識は国や文化によって異なります。
A国ではマナーとされているふるまいが、B国では無礼な行為になることもあります。
上司や親は、年や立場は上でも一歩離れて見ればただの一市民です。
神さまも宗教ごとに存在し、教えもさまざまです。

結局、何が正しいかなんて誰にも決められないのではないでしょうか。

そんな実体のないものを判断基準にしようとしてもわからないのはあたりまえです。
あえて言うなら、正しさを判断基準にすることがただしくない、と言えるかもしれません。

また、正しい・正しくないにこだわるということは、常に物事を評価しようとしていることのあらわれです。

しかし、この「評価する」ということがくせものなのです。

私たちは、小さい頃はお行儀のよしあしで、子供の頃は学校の成績で、大人になれば仕事の成果で、女性であれば女らしさ、男性であれば男らしさなどでずっと評価され続けてきました。
いつのまにか、評価されることがあたりまえになり、いい評価をされることが自分の価値を高めることだと思いこんでしまっているのでしょう。

学校や職場では成績をつけるシステムがあるので評価されることは避けられません。
しかし、それはあなたの人間性に対してのものではなく、与えられた役割に応えられているかどうかに対してのものです。
上司は仕事として部下の仕事ぶりを評価しますが、それは役割上義務でおこなっているものであり、個人的な権利や趣味でやっているのではありません。

評価というのは、システムの中で評価をする立場になったときだけすればいいことです。
その場合、評価することは仕事であり、多くは報酬がともないます。
つまり、評価するということは、それほど特殊でストレスを感じることなのです。

そんなことを、頼まれてもいないのに、報酬ももらえないのに、自ら積極的にとりいれて自分を苦しめることはありません。
評価する・されるのは、仕事中だけで充分です。
プライベートは評価から解放されて、大いに自由に楽しみましょう。

★正しさにこだわるのは評価を基準にしているから。
プライベートに評価は不要です。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史