依存的な患者さんへの対処法【パニック障害・家族や周囲の人は患者さんをどう支えるか】

パニック障害

【自分で行動できるように導くのも家族の役割】

パニック障害の場合、「予期不安」があるため、70~80%の人は広場恐怖症になるといわれます。
広場恐怖症は、「すぐに逃げられない」、または「助けを求められない」場所や状況に身を置くことに恐怖を感じる病気で、ひどくなると、家から一歩も外に出られなくなります。

パニック障害の人は、発作のおそろしさから身を守るために、家族や友人・知人などまわりの人に保護を求める気持ちが強くなります。
これが習慣化すると、しだいに依存的になっていきます。

広場恐怖を持つ人は、常にだれかがそばにいないと不安で仕方がなくなります。
一人では家にいられなくなり、外出するときは、家族など親しい人の付き添いが必要になってきます。
このように、広場恐怖症は、本人だけでなく、家族などまわりの人にとっても試練を強いられる病気なのです。

広場恐怖があり、一人で外出できない患者さんには、はじめは家族が付き添う必要があります。
家に引きこもったままでいるより、少しでも多く外出の機会をつくってあげることが、広場恐怖症の克服にも役立つからです。

しかし、広場恐怖症は、いつまでも家族などがつきっきりでカバーしていては、治療につながらないだけでなく、人生の大半を病気をかかえたままで過ごさなければなりません。

患者さんを助けてあげることは、実は「やさしさ」ではなく、患者さんから自立の機会を奪ってしまうことにもなるということを知る必要があります。
患者さんのつらい症状に理解を示しつつも、できるだけ一人で行動できるように導いてあげることも、家族の大切な役割なのです。

パニック発作と不安の変化

●発作が起こると不安は数分でピークになりますが、激しい不安はいつまでもつづきません。
●時間の経過とともに、不安は少しずつ軽くなります。不安がつづくのは短い場合は5分、長くても90分程度です。
●不安がおさまる前に逃げ出すと、一時的には軽くなりますが、結局不安は解消せず、それが予期不安となって、次の発作につながります。逆に、がまんをして不安が軽くなるのを身をもって経験すれば、その経験は積み重ねていくことができます。
●こうした不安の経過を理解していれば、曝露療法にチャレンジしやすくなります。

★Point
●できるだけ外出の機会をつくるため、最初は付き添う
●自分だけで行動できるように導いてあげることも必要
●助けてばかりいると、患者さんの自立の機会を奪うことにも

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

コメント