自傷行為への理解と対処法【パニック障害・家族や周囲の人は患者さんをどう支えるか】

パニック障害

【自傷行為は「助けて」というサイン】

パニック障害は、ほかの精神疾患とくらべると、自殺をはかる人は少ないといわれています。

しかし、「自殺を考える率(生涯自殺企図率)」はうつ病とあまりかわりなく、さらに、パニック障害にうつ病(パニック性不安うつ病)を併発すると、自殺企図率は3倍にもなります

ただし、自殺企図(自傷行為)と自殺は違います。
パニック障害の場合は、実際に自殺をはかるというよりも、死にたいほどつらいという思いが一時的に強まって自傷行為をしてしまうと考えられるのです。

自傷行為は、自分で自分を傷つける行為です。
日本ではリストカット(手首を切ること)が多いのですが、ほかにも、「皮膚に爪を立ててかきむしる」「腕を歯でかむ」「皮膚にタバコの火を押しつける」「壁に頭を打ちつける」「薬を大量に飲む」といった行為もあります。

パニック障害にうつ病を併発すると、なぜ自傷行為をする率が高くなるのでしょうか。
これには、パニック性不安うつ病の「不安・抑うつ発作」が関係しています。

不安・抑うつ発作におそわれると、患者さんは、それまでの精神状態のスイッチが切りかわって、別の精神状態に入り、まるで別人のようになります。
涙をぽろぽろと流したり、「だれも私のことを理解してくれない」「私は世界一不幸だ」と絶望したり、不安や焦燥感が強くなって、それをまぎらすためにさまざまな衝動的な行動をとります。
その一つが自傷行為なのです。

自傷行為は、実際に死ぬつもりで行うわけではないといわれます。
しかし、自殺の危険性がまったくないわけではありません。
自傷行為をくり返す人は、そうでない人よりも自殺で亡くなる割合がずっと高いという研究報告もあります。
将来、実際に自殺に発展するケースがないとはいえないのです。

家族などまわりの人は、こうした自傷行為にショックを受け、あわてたり心配したりします。
しかし、大切なことは、自傷行為をするに至った患者さんの気持ちを理解することです。
「どうせ本気ではないのだから」「心配してもらいたいからだろう」などと安易に片づけることは、決してしてはいけません。

自傷行為は、患者さんからの「助けて」のサインと受け止め、患者さんの心のケアに気を配ることが必要です。

パニック障害にうつ病を併発すると自殺願望が高くなる

<自殺を考える割合(生涯自殺企図率)の違い>
●精神疾患がない……1%
●パニック障害のみ……7%
●うつ病のみ……7.9%
●パニック障害+うつ病……19.5%

※「生涯自殺企図率」とは一生の間に自殺をしようと考える割合のことで、精神疾患を持たない人はわずか1%ですが、精神疾患を持つと割合が上昇します。
パニック障害だけの場合は7%、うつ病だけの場合は7.9%ですが、パニック障害とうつ病を併発すると19.5%と、3倍近くにふえます。

★Point
●自傷行為をするに至った患者さんの心を理解してケアをする
●患者さんは「助けて」のサインを出していると受け止める
●自傷行為が自殺に発展しないように、患者さんの行動に気を配る

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/

コメント