患者さんの行動で困ったときの対応【パニック障害・家族や周囲の人は患者さんをどう支えるか】

パニック障害

【突然怒り出し、手がつけられない「怒り発作」】

すべての患者さんにあらわれるわけではありませんが、パニック障害の特徴的な症状に「怒り発作(アンガーアタック)」があります。

この発作が起こると、患者さんは、突然、いわゆる「キレ」た状態になり、体をわなわなとふるわせて相手を非難したり、どなったりします。
怒っているうちに怒りの感情がエスカレートして、自分でも止められなくなります。
ときには暴力をふるったり、手当たりしだいにものをこわしたりします。

きっかけはささいなことが多く、ふつうなら理由にもならないことで怒り出します。
たとえば、レストランで注文したものがなかなか来ないようなとき、突然に怒りが込み上げてきて、店長を呼びつけて激しくののしったり、どなったりします。

しかし、このような激しい怒り発作がおさまったあとは、本人も正気ではなかったと気づき、ひどい後悔と自己嫌悪におちいり、うつ状態になります。

パニック障害では、発作によって神経が興奮しやすくなり、ささいなことでも過剰な反応をしてしまいます(気分反応性)。

突然にやってくるパニック発作や、恐怖と不安をともなう激しい身体症状。
このようなパニック発作を何度もくり返し、しだいに重症化していくと、不安感や恐怖感のために、「怒り」を爆発させてしまうと考えられるのです。

また、女性で、ある一定期間に強くこの症状が出る場合は月経前症候群(PMS)の可能性があります。

【「性格」のせいではなく「病気」のせいと理解する】

パニック障害の人が、怒り発作のような「困った行動」をとったとしても、それは病気のせいであり、決してもともとそういう性格だったというわけではありません。

病気のために性格が変わるということで問題になるのは、パニック性不安うつ病の場合です。

パニック性不安うつ病の「気分反応性」については、前回のブログでも述べました。
これはたとえば、数時間前までは元気いっぱいで楽しそうに笑っていた人が、急にひどく落ち込み、暗く沈んだ様子になるなど、周囲の人が困惑するほど気分の浮き沈みが極端になる症状です。

気分反応性は、あくまでも症状であり、決して性格的に自己中心的だったりわがままなわけではありません。
そのことを理解しないで患者さんを責めると、患者さんは人格が非難されたと思い、激しく病的に反応します(拒絶過敏性)。

この拒絶過敏性の対象は、多くは家族や友人、恋人、職場の同僚や上司などです。
本来なら味方であるはずの人たちとギクシャクするのですから、人間関係をそこね、ときには社会生活にも支障が出てきます。

パニック障害は、人格障害をもたらす病気のように見えますが、決してそうではありません。
前にも述べましたが、過敏なのは、発作によって神経が興奮しやすくなっていて、ささいなことにも激しく反応してしまうためなのです。

パニック障害は、患者さんの心を傷つけ、その人が本来持っていた思考や行動のパターンを別のものへとかえてしまう場合があります。
しかし、回復するにつれて、ほとんどの患者さんは、もともとの健康な心を取り戻します。
家族はそのことを信じ、患者さんの一時的な感情に巻き込まれず、落ち着いて、冷静に対処することが大切です。

★Point
●患者さんが「困った行動」をしても、病気のせいだと理解する
●患者さんの興奮に対し、いっしょになって興奮しない。落ち着くのを待つ
●社会的に問題になる行動は、患者さんの気分が落ち着いたところでさとす

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/