治療に適した家庭環境をととのえる【パニック障害・家族や周囲の人は患者さんをどう支えるか】

パニック障害

【患者さんの療養生活に家族が協力できること】

いっしょに暮らす家族だからできること、それは生活の改善です。
患者さんの生活が治療に適したものになっているかどうかを見直し、環境をととのえることは、病気の回復につながります。

治療への協力
まず考えたいのは、治療への協力です。
療養生活で重要なのは、服薬と通院の管理です。
どちらも患者さんが自分で管理できればよいのですが、むずかしい場合もあります。
患者さんの様子に気を配り、とどこおっている場合は協力してあげることが必要です。

生活のリズムをととのえる
毎日の生活リズムを規則正しいものにすることも、療養生活には欠かせません。
特に、起きる時間と寝る時間、そして食事の時間がポイントです。
患者さんといっしょに1日のスケジュールを決め、それが守れるように協力しましょう。

また、生活のリズムを維持するために、日中はだらだら過ごさせないようにしましょう。
テレビゲームやインターネットなどに夢中になっていないか、昼寝などしていないかなどに気を配ることも大切です。

ストレス対策
ストレスへの対策も重要です。
中でも家族関係です。
精神医学では、家族は患者さんにとってもっとも重要な「環境」と考えます。

わかりやすくいうと、家族とともに過ごす「生活環境」(「家族生活環境」といいます)が非常に重要なのです。

家族の中に、一人でも病気を理解できない家族がいると、患者さんにとっては大きなストレスとなり、治療の上でもマイナスです。

家族の理解を促すためには、調整役が必要です。
この役割は母親が担うことが多いのですが、ただし、一人で背負う必要はありません。
医師や臨床心理士などのスタッフとも相談しながら進めていきましょう。

生活の変化に気を配る
外出の機会が減っている、昼夜逆転の生活になっている、過食になっている、といったことも、いっしょに暮らす家族ならすぐ気づきます。

また、症状の悪化や、逆によい方向への変化を見つけてあげられるのも家族ならではのことです。

そのような生活全般の変化に気を配り、必要な場合は声をかけて、回復につながるような環境をつくっていくことが大切です。

治療に適した生活環境とは

患者さんが「病気を持った人」として受け入れられている。
症状が出ても、それは病気のためと認識されている。
患者さんとは、あたたかな、適度な距離が保たれている。
患者さんの努力が十分に認められ、よい方向に向けば評価される。
たまにいい合うことはあっても修復でき、おだやかな家族関係が築かれている。

★Point
●ストレスの少ないおだやかな家庭環境をつくるのは、家族の役割
●療養に基本となる服薬と通院がスムーズにできるように協力する
●規則正しい生活リズムをととのえることは、回復に不可欠

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/