薬物療法② 抗不安薬【うつ病はどう治す?】

うつ病

【即効性のある抗不安薬】

抗不安薬は、その名の通り、不安感を抑える薬です。
一般には、「精神安定剤」と呼ばれるものです。

抗不安薬は、重い副作用がないため、うつ病以外でも、パニック障害や強迫性障害など、不安をともなうほかの心の病気にも幅広く使われています。

また、抗うつ薬よりも効き目が速いので、抗うつ薬が効いてくるまでの期間、不安感や焦燥感などを抑えるのに有効です。

抗不安薬は、効果の強いものから比較的軽いもの、薬の効いている時間も長いものから短いものまでいろいろあり、その人の状態に合わせて処方されます。

【主流はベンゾジアゼピン系の抗不安薬】

現在使われている抗不安薬の大部分は、「ベンゾジアゼピン系」の抗不安薬です。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬には、神経の興奮をしずめる神経伝達物質GABAの活性を高め、不安や緊張感をやわらげる働きがあります。

主なベンゾジアゼピン系の抗不安薬には、ロフラゼプ酸エチル(商品名:メイラックス)、アルプラゾラム(商品名:コンスタン、ソラナックス)、ロラゼパム(商品名:ワイパックス)などがあります。

【抗不安薬の問題は依存性があること】

ベンゾジアゼピン系の薬は、効果が速くあらわれる反面、倦怠感やふらつき、眠気、集中力の低下や記憶力の低下などの副作用があります。

しかし、ベンゾジアゼピン系の薬でいちばん問題となるのは、依存性が生じやすいという点です。

通常は、症状が改善されれば、早めに服用を中止しますが、ベンゾジアゼピン系の薬の場合は、急にやめると、再発したり、離脱症状(禁断症状)が出やすいため、勝手に服用を中止することは厳禁です。

薬を減らす場合は、医師の指示に従って、ゆっくりと時間をかけて減薬していくことが大切です。

★Point
●抗不安薬は不安や緊張をやわらげる薬で、抗うつ薬より効き目が速い
●抗不安薬にはいろいろな種類があり、症状に合わせて使われる
●抗不安薬を長く使うと依存性が生じるので、徐々に減薬する

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/

コメント