知っておきたいパニック発作の対処法【パニック障害・回復に近づくための日常生活のケア】

パニック障害

【対処法を知っていると、あわてずに対応できる】

パニック発作は、パニック障害の中心症状です。
それまで何でもなかった人に、いきなり発作があらわれます。
文字通り、パニックにおちいったようになる激しい症状で、慣れないうちは、このまま死んでしまうのかと恐怖にかられますが、だいじょうぶです。

こわくてたまらないときは、「こんなことでは死なない」「もうすぐ終わる」と自分にいい聞かせましょう

発作への対応ポイント
こわがらない
パニック発作は「不安」が源になって起こりますので、こわいという気持ちが強いほど、発作は激しくなります。
重大な体の病気ではない、こわがることは何もないと考えましょう。
抵抗しないで受け入れる
発作はいずれ自然におさまります。
大騒ぎしたり無理に抵抗せず、症状を受け入れる気持ちでいたほうが、楽にやり過ごせます。

発作で知っておきたいこと
パニック発作で死ぬことはありません。
発作は10分以内にピークとなり、30分前後でおさまります。
あわてたり、こわがると、症状はかえって激しくなります。
発作は、薬によってコントロールできます。
軽症の場合は、薬を飲みはじめて1週間以内におさまります。
重症の場合は、完全に発作がおさまるまでに2~3ヵ月かかることがあります。

パニック発作が起きたときの対処法

楽な姿勢をとる
発作が起こったら、腹ばいになり、ひじを曲げた両腕の中に頭を入れます。
あるいは、イスにすわって前にかがみ、頭をひざの間に入るくらいまで下げます。
この姿勢によって、胸で行っていた呼吸が、自然に次の腹式呼吸になります。

腹式呼吸をする
過呼吸になったら、以下の点に注意して呼吸すると呼吸困難感が改善し、呼吸のリズムがととのいます。
●「吸う:吐く」が1:2になるくらいの割合で呼吸する(吐くことを意識して呼吸する)。
●1回の呼吸で10秒くらいかけてゆっくり吐く(息を吐く前に1~2秒息を止めるとなおよい)。

神経が安らぐツボを押す
発作が軽ければ、「神門」というツボを押すのも効果があります。
「すぐよくなる」と唱えながら、押さえてみましょう。
神経が休まり、気分が落ち着いてきます。

神門の位置
手のひらを上にして手首を曲げると、手首にしわができます。
そのしわを小指のほうになぞっていくと、小さな骨にあたる前にくぼみがありますが、くぼみの中ほどに神門のツボがあります。

指圧の仕方
ツボに親指の腹をあて、手首の中心に向かって約3秒間押します。
これを5~10回くり返します。
左右同様に。

発作が落ち着いたら、記録をつける
パニック発作がおさまったら、忘れないうちに(その日のうちに)、患者さん自身で発作の様子を書きとめておきましょう。
発作中のことなので、詳しくは覚えていないかもしれませんが、わかる範囲でOKです。
専用のノートをつくっておき、外来の際に医師へ報告すれば、診察にも役立ちます。

書きとめる内容
●発作が起こった場所
●発作が起こった日時
●発作であらわれた症状、症状があらわれた順番、症状がつづいた時間
●発作の最中や前後に思い浮かんだこと

家族は患者さんを「安心させてあげる」
発作が起きても、まわりの家族はできるだけあせらないことが大切です。
患者さんといっしょにあわてたり騒いだりすると、患者さんを追いつめてしまいます。
家族が落ち着いて対応すれば、患者さんも落ち着きを取り戻せます。
発作中、患者さんには楽な姿勢をとってもらい、家族は「だいじょうぶだから」と声をかけてあげましょう。
「だいじょうぶ?」と質問の形にするのは、かえって不安をあおり、逆効果です。
静かに背中をさすったり、手をにぎってあげるのもよいでしょう。
いっしょに腹式呼吸をしてあげると、患者さんも気持ちが楽になります。

発作中の家族の役割は、患者さんを安心させてあげることなのです。

★Point
●発作が起こったときにとる姿勢や呼吸法を知っておくとよい
●発作の受け止め方や対応のポイントも知っておきたい
●家族にできること、発作がおさまってから患者自身ができること

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

コメント