リスクを避け、ストレスをためない【パニック障害・回復に近づくための日常生活のケア】

パニック障害

【過労、睡眠不足、カゼは症状悪化の三大リスク】

パニック障害は、無理のきかない病気です。
療養生活では、何をするにも度を越さないように控えめにします。

パニック障害は心の病気ですが、体力も落ちるため、節制を心がけることが大切です。

たとえば、健康な人だったらふつうにこなせる程度の作業でも疲れが蓄積したり、ちょっとした環境の変化でカゼをひいたりします。

過労やカゼは、パニック発作を誘発するリスクになります
カゼをきっかけにして、かくれていた残遺症状があらわれることもあります。

睡眠不足も、症状を悪化させる誘因になります
ところが、パニック障害の人は、楽しいことや好きなことをしていると時間を忘れて没頭してしまう傾向があります。
趣味などを楽しむのは、ストレス解消になってよいことなのですが、熱中するあまり、夜更かしをして睡眠不足になってしまっては逆効果です。
「過労」「睡眠不足」「カゼ」は、病気を悪化させる三大リスクと考え、できるだけこうしたリスクを避ける生活を心がけることが大切です。

【身近にあるストレス因子に要注意】

ストレスは、パニック障害の発症に大きくかかわるだけでなく、発作の引き金になったり、症状を悪化させる誘因ともなります。

ストレスは上手に発散させて、なるべくためないほうがよいのですが、パニック障害の人はどうしてもストレスに弱い傾向があります。

それに、現代社会は、健康な人でもストレスを感じるようなモノがまわりにあふれていますので、注意が必要です。

パソコン
企業でも家庭でも、いまや必須の機器となったパソコンですが、健康面から見るといろいろと問題もあります。
パソコン作業は、肩、腰、目を疲労させ、それがストレスになります。
連続して使う時間は、できれば1時間以内にとどめ、合間に休憩を入れるよう心がけましょう。

ネットでのやりとり
メールやツイッター、掲示板の書き込みなど、相手と直接会わなくてもコミュニケーションができるネットの世界は、便利で、ついのめり込みがちになります。

しかし、ネットでのやりとりは、ともすると言葉だけがエスカレートして誤解をまねき、人間関係のトラブルが生じやすく、心の病気を持つ人にとっては大きなストレスとなる危険性があります。
日ごろから、人間どうしが直接触れ合う機会をつくることも大切です。

テレビゲーム
ゲームにのめり込んでいる間は、現実の不安を忘れられますが、ゲームは本当の意味での不安解消にはなりません。
夢中になって長時間つづけて生活のリズムをくずしてしまうと、ストレスも強まります。
くれぐれもゲーム依存にならないように注意が必要です。

蛍光灯の光
パニック障害の患者さんは、蛍光灯の下にいると、不安感が増強することがあります。
蛍光灯の光のちらつき(フリッカー効果)が原因と考えられています。
少し明るさを落としたり、白熱電球かLED電球にかえるとよいでしょう。

★Point
●過労や睡眠不足、カゼなどは、発作や症状悪化のリスクになる
●気づかないままため込んでしまうストレスもある
●何をするにも度を越さないように、節制を心がける

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

コメント