運動には薬と同じような効果がある【パニック障害・回復に近づくための日常生活のケア】

パニック障害

【運動をしている人のほうが回復が早い】

パニック障害の人は、どうしても運動を避ける傾向があります。

パニック発作で激しい動悸を経験しているため、運動をしたら、また動悸が起こり、息が詰まるような恐怖におそわれるのではないかと心配する人もいるようです。

また、広場恐怖症があると、どうしても行動範囲が狭くなり、体を動かす機会が減ります。
運動不足のために体力が落ち、ますます動くのがおっくうになるという悪循環におちいります。
しかし、いくつかの研究でも明らかになっていますが、運動をしている人はしていない人より確実に回復が早いのです。

米国の調査研究では、1日45分のウォーキングを週3回、6ヵ月つづけたところ、抗うつ薬のSSRIを飲んだときと同じような効果(脳の変化)が見られたといいます。

別の研究でも、パニック障害の患者さんを、薬だけで治療をしているグループと、薬といっしょにウォーキングなどの有酸素運動を取り入れているグループをくらべた場合、運動をしている人のほうが治りが早く、完全に治る確率も高かったと報告されています。

動くのがこわいから動かない、といった状態では、体力が落ち、心身のバランスをくずして、ますます回復からは遠のいてしまいます。
これをかえるには、まずできることからはじめてみることです。
景色を楽しみながらの散歩などでもよいでしょう。
体を動かして体調がよくなれば、心にもよい影響をあたえ、再発の予防にもなります。

なぜ運動は心の病気に効くのか

●セロトニンをふやす
セロトニンは、脳内にあって精神面に大きな影響をあたえる神経伝達物質です。
ノルアドレナリン(神経を興奮させる)やドーパミン(運動機能に影響をあたえ、快感や多幸感にもかかわる)などの神経伝達物質が暴走するのを抑え、心を安定させる作用があります。
抗うつ薬のSSRIは、このセロトニンをふやすように働く薬ですが、運動によってもセロトニンをふやすことができます。
運動には、薬と同じような効果があるといわれるゆえんです。

●乳酸の代謝をよくする
乳酸は、激しい運動や労働をすると筋肉にたまる疲労物質です。
また乳酸は、運動不足でもたまります。
乳酸は、パニック発作を起こりやすくする物質でもあり、パニック障害の人にとってはやっかいなものです。

この乳酸への対策になるのが、有酸素運動(酸素を体内に取り入れながら行う運動)です。
有酸素運動は、乳酸をエネルギーとして使いますので、代謝がよくなり、疲労回復につながります。

●脳を活性化する
うつ状態がつづくと、脳の海馬(情動や記憶にかかわる部位)の神経細胞が減少しますが、運動をすると、この海馬に新しい神経細胞が生まれることがわかっています。
運動で筋肉を使うと、脳由来栄養因子(BDNF)が脳内に入って脳細胞を活性化させ、新しい細胞を生み出すためです。
つまり、運動によって、脳の活性化が期待できるのです。

★Point
●運動はセロトニンをふやし、抗うつ薬と同じような効果が期待できる
●有酸素運動は疲労物質の乳酸の代謝を促すので、疲れにくくなる
●運動をすると、脳に新しい神経細胞が生まれ、脳が活性化される

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

コメント