はじめての診察で聞かれること【うつ病になってしまったら?】

うつ病

【診察は問診が基本】

心の不調がつづき、それがつらいようであれば、なるべく早めに病院やクリニックでみてもらうことが大切です。
心の病気も、ほかの病気と同じで、ひどくなれば治りも悪くなります。

はじめて受診する際には、まず、具体的な症状や、思い当たる原因、既往歴、家族関係などを「問診票」に記入するのが一般的です。

医師による診察(問診)は、この問診票をもとに行われます。
うつ病などの心の病気は、体の病気と違って、検査による数値などで異常を知ることができませんので、医師は、問診票に書かれた内容を参考に、患者さんにいろいろ質問しながら診察していきます。

医師からの問診を受けるにあたっては、少しでも気になっている症状や、いままでと違う点(たとえば疲れやすくなったとか)があれば、どんなことでも伝えましょう。
また、親しい人の死や、転居や昇進、転職、仕事上の出来事などの「変化」があった場合は、一見病気とは関係がないと思われるようなことでも伝えるようにしましょう。

問診票や医師からの問診で聞かれる主な内容を下に示しましたので、参考にしてください。

【初診のときは家族もいっしょに】

うつ病の患者さんは、あせりや不安のためにうまく話せなかったり、あるいは、自分の症状について正確に説明できないことも多く、本人から詳しい症状を聞き出すことがむずかしい場合も少なくありません。
そのため、できれば、うつ病になる前の患者さんと現在の患者さんの違いを身近にいていちばん感じている家族などに同席してもらって、患者さんの性格や家庭環境、仕事の状況、最近身のまわりに起こった出来事などについて説明してもらうと、的確な診断の手助けとなります。

また、うつ病の治療には、家族の理解と協力が欠かせません
家族にも、うつ病がどのような病気なのかよく知ってもらい、今後の治療方針や患者さんとの接し方などについて、十分に理解してもらうことが重要です。

尚、診察のとき、患者さんが家族の人に同席してもらいたくないと思っているようであれば、別々に本人と家族から話を聞く場合もあります。

【受診のときはメモ帳を持参するとよい】

うつ病は、聞いたことをあとから思い出そうとしても思い出せないという症状が出ることもあります。
そのため、受診の際にはメモ帳やノートを持っていって、医師から聞いたことをその場でメモするようにするとよいでしょう。
また、前もって、自分の症状がいつごろから出はじめたのか、いま困っている症状、聞きたいことなどを整理して、そのメモを持参するとさらに効率がよくなります。

問診で聞かれること(一例)

●生活歴:出生地・学歴・職歴・結婚歴・離婚歴・家族構成・趣味・喫煙習慣・飲酒習慣など
●現在の気分(症状)、体の状態
●いちばん困っていること
●どのような症状が、いつごろからあらわれたか
●症状に変化があったかどうか
●どのように苦しいのか(程度)
●以前にも、このような状態になったことがあるかどうか
●何かきっかけと思われるようなことはあるか
●過去に病気やケガで治療を受けたことがあるかどうか(ある場合は、いつ、どのような病気やケガで、治療にかかった期間はどれくらいか)
●自分はどのような性格だと思うか
●現在、服用中の薬はあるか(あれば、どのような薬で、いつから飲んでいるか)
●酒やタバコなど嗜好品や趣味に変化があったかどうか
●よく眠れるかどうか、食欲があるかどうか
●家族の中に、同じような状態になった人がいるかどうか

★Point
●うつ病の診察は問診が重要。問診にはできるだけありのままに答える
●初診のときには、なるべく家族も同席するのが望ましい
●正確な情報を伝えるため、あらかじめ症状などをメモにして持参するとよい

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/

コメント