ほかの精神疾患との見きわめが重要【パニック障害の診断】

パニック障害

【身体症状は内科的検査で、精神症状は問診で調べる】

パニック障害の診断は、まず中心症状であるパニック発作から調べ、そしてそれがパニック障害によるものかどうかを診断します。
診断基準にはDSM(米国精神医学会発行の診断基準)が使われます。

体や心の病気がないか調べる
発作の症状としてあらわれる動悸、めまい、呼吸困難などの身体症状が体の病気などほかの原因によるものでないか内科的な検査をします。

特に心臓病(不整脈、狭心症など)やバセドウ病(甲状腺機能亢進症)などを見逃さないようにします。

また、パニック発作はほかの精神疾患でも起こります
恐怖症(社交不安症や限局性恐怖症)、強迫性障害/強迫症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを併発していないか、また統合失調症やうつ病でもパニック発作を起こすことがありますので、その鑑別が重要です。

場合によっては、薬物、アルコール、カフェインなどによる中毒と離脱症状(急にやめることで起こる症状)がないかもチェックする必要があります。

問診でパニック発作を確定
他の病気や、物質による影響がないことが確かめられたら、改めてパニック発作かどうかを調べます。

発作ではどんな症状があらわれたか、発作はどんな状況で起こったか、また発作前後の状況などを患者さんから詳しく聞き、「パニック発作の診断基準」と照合しながら確定していきます。

パニック障害のパニック発作は、「理由のない」「予期しない」発作で、「くり返し」起こることが条件です。

特定の状況と結びついて起こる発作(限局性恐怖症やPTSDなどによる発作)は除外します。
ただし、特定の状況と結びついていても、たとえば広場恐怖症で電車に乗れない人がやむをえず電車に乗って起こるような発作は、除外しません、

パニック障害かどうかの診断
パニック発作が確定したら、「パニック障害の診断基準」と照らしながら、患者さんの状態がパニック障害かどうかを、主に問診によって調べます。

●予期しない発作がくり返し起こる
●また発作が起こるのではないかという不安(予期不安)がある
●気がおかしくなるのではないかなど、発作の結末を心配する
●発作に関連した行動の変化がある(たとえば発作が心配で仕事をやめてしまう、など)
●このような症状が「1ヵ月以上つづいている」

以上のような条件を満たせば、パニック障害と確定します。

広場恐怖症があるか調べる

「広場恐怖症の診断基準」に照らしながら、広場恐怖症を併発しているかを調べます。
パニック障害は、広場恐怖症があるかどうかで治療方法が異なるからです。

パニック発作が起こったとき、逃げられない(または逃げたら恥をかく)ような場所や状況、あるいは、発作が起きたときに助けが求められないような場所や状況にいることに対して激しい不安や恐怖心があるかどうかを確認します。

回避する場所や状況が特定のものに限定されている場合は、ほかの病気を疑います。

★Point
●発作症状が、体の病気やほかの精神疾患によるものでないかどうか調べる
●診断基準に照らし、パニック発作とパニック障害を確定する
●治療法が異なるので、広場恐怖症などの併発がないかも調べる

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/