うつ病と合併しやすい病気について-①

うつ病

【若い人に多い「不安障害」との合併】

不安障害は、高い確率でうつ病と合併することが知られています。
不安障害は、特に若いうつ病の患者さんに多く見られる傾向があります。

不安障害とは、頭を離れない病的に強い不安のために、日常生活に支障をきたしてしまう病気です。
症状としては、強い不安をベースに、恐怖感、緊張感、イライラなどのほか、動悸、発汗、頭痛、下痢といった身体症状もあらわれます。

不安障害には、パニック障害、社交不安障害、全般性不安障害、広場恐怖症などの恐怖症、強迫性障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などがあります。

アメリカで行われた調査によれば、不安障害にうつ病が併発する割合は、全般性不安障害では約50%、パニック障害、社交不安障害では30%以上となっています。

うつ病に合併する不安障害は、おおむね不安障害がうつ病に先行して発症し、うつ病が不安障害に先行することはまれです。

また、不安障害とうつ病が合併すると、うつ病そのものが重症化しやすく、慢性化しやすいといわれます。

【突然、発作におそわれる「パニック障害」】

パニック障害は、突然、理由のない不安におそわれて、動悸や呼吸困難などの「パニック発作」のために日常生活に支障をきたす病気です。

発症率は、世界的には2~4%、日本では3.4%で、先進諸国ほど患者が多いという特徴があります。
男女比は、日本では男性1.7%、女性5.1%で、女性に多く見られます。

パニック障害が慢性期に入ると、広場恐怖や回避行動のためにできないことがふえてくるので、生活を楽しんだり、ものごとに打ち込むエネルギーが消耗して、うつ病を併発しやすくなります。

なお、パニック障害に併発するうつ病は、いわゆるうつ病(定型うつ病)ではなく、非定型うつ病の特徴をそなえた「パニック性不安うつ病」です。

軽い躁状態をともなう「双極性障害(躁うつ病)」もしばしば併発します。

治療には、抗うつ薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が有効です。
同時に、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬を併用することもあります。

【対人関係に恐怖を覚える「社交不安障害」】

社交不安障害(SAD)は、あらゆる社交的な場所やイベントにおいて、過度の緊張や不安、苦痛を感じ、そのため日常生活に支障をきたしてしまう病気です。
赤面や声のふるえなどの身体症状もあらわれます。
かつては、「対人恐怖症」や「赤面恐怖症」などと呼ばれていました。

最近の研究では、全人口の10~15%に見られるとの報告もあります。
10代半ばから20代前半に発症することが多い病気です。
また、女性は男性の2倍発症しやすいといわれます。

社交不安障害は、うつ病やパニック障害、アルコール依存症など、ほかの精神疾患と合併する率が高いことがわかっています。
社交不安障害がうつ病に進む割合は30%を超えるとの報告もあります。

治療には、抗うつ薬(SSRI)や、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、β遮断薬などの薬物療法のほか、認知行動療法などの精神療法が用いられます。

⇒ ②へつづく

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/