うつ病はどのように進行するか-①【うつ病とはどんな病気?】

うつ病

【一般的なうつ病の症状の経過】

一般的に、うつ病になると、どのような症状の経過をたどるのか、次に見てみましょう。

ただし、以下の症状の経過はあくまでも一般的なもので、必ずこのような症状があらわれる、あるいはこの通りに進行するというわけではありません。

 体が何となくだるい、疲れがなかなかとれない、気分が落ち着かない、やる気が起きない、ものごとに集中できない、イライラする。

 食欲がない、何をやっても楽しくない、よく眠れない、追いつめられた気分になる、あせり(焦燥感)が出てくる、仕事や家事がうまくできない。

 そんな自分自身にイヤ気がさしてくる、自分を責める、目に見えて体重が減ってくる、朝起きるのがつらい、便秘がちになる。

 不調を自覚し、かかりつけの医師にみてもらっても原因がわからない、あせりが強くなる、出勤できなくなる、朝、起きられなくなる。

 何もかもうまくいかないのは自分のせいだ、自分は怠けものだ、と自責の念が強くなる。

 つらさや苦しさを感じるようになる、自責の念もますます強くなる、じっとしていられなくなる、いたたまれないような強い焦燥感を感じる。

 まわりの人に迷惑をかけている、自分などいなくなったほうがいいと感じ出す。

 こんなに苦しいなら、いっそ死んでしまったほうが楽だ、これ以上ほかの人に迷惑をかけたくない、と考え出す。

以上の経過のうち、からぐらいの状態で治療をはじめることができれば、軽いうつ(軽症うつ病)といった程度で、早期の回復が望めます。

また、ぐらいであれば、治療をつづけながら、十分な休養をとることで回復できます。

以降になると、心身ともにかなり衰弱してくるため、場合によっては入院治療も考えなければならない段階です。

特に、「自殺念慮」が出てきたら要注意です。
最悪の事態も十分に考慮しながら、長期にわたって治療をつづけていかなければなりません。

⇒ ②へつづく

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/