パニック障害をよく理解しよう【パニック障害ではどのようなことが起こるか】

パニック障害

【古くからあった病気だが、認められたのは最近】

パニック障害は、100人のうち2~4人は発症する可能性があるポピュラーな病気です。
先進諸国ほど患者数が多い傾向があり、「現代病」といっていいかもしれません。

「パニック障害」という病名が米国精神医学会の診断基準(DSM)に登録されたのは1980年のこと。
それまで「不安神経症」と呼ばれていたものが、急性発作性のもの(パニック障害)と慢性持続的なもの(全般性不安障害)に分けられました。
10年後(90年)には、WHO(世界保健機関)で、パニック障害を病名として世界的に統一して使うことが決まりました。
日本では、2000年に、パニック障害の代表的な治療薬であるSSRI(パロキセチン)が認可され、本格的な治療ができるようになりました。

このように、病名(病気の概念)も治療法も認められたのが最近なので、一般の人だけでなく医療の場でもパニック障害に対する理解は必ずしも十分とはいえません。

パニック障害で苦しんでいるにもかかわらず、正しく診断されなかったり、診断されても十分な治療を受けられない患者さんが、まだまだ数多くいるのです。

【無理解は患者を孤立させ、治療にもマイナスとなる】

それでもパニック障害という病名は、このところメディアなどで取り上げられることがふえ、一般の人にも知られるようになってきました。

しかし、病気の実際はどこまで理解されているでしょうか。

パニック障害の困難さは、病気によって日常生活がおびやかされるところにあります。
米国では、パニック障害の人の苦痛や社会的障害度はうつ病の人より高く、心筋梗塞の人に近いレベルにあるという研究報告もあります。

パニック障害は、体の病気のように検査データなどの医学的な裏づけがないため、本人の訴えは「甘え」ととらえられがちで、多くの患者さんが「自分の苦しみはだれにも理解されない」と感じています。

このような孤立感は、治療の上でもマイナスとなりますので、患者さんとともに家族や周囲の人も、パニック障害についての正しい知識と理解を持つことが大切です。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

心理カウンセリングルーム ナチュラリー. では、「来訪・訪問カウンセリング」、及び、電話・ビデオ通話・メールによる「ネットカウンセリング」と、豊富なメニューを揃えております。
遠方の方におかれましても、どんなお悩みでも、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

●来訪・訪問カウンセリング http://mental-naturally.com/visit/
●ネットカウンセリング   http://mental-naturally.com/internet/