高齢者だけではない!「若年性認知症」とは

心の病気

【認知症】
脳細胞の破壊が症状を引き起こし、生活に支障をきたす

【若年性認知症】
<気づきにくい病気>

65歳未満の人が認知症と診断された場合、若年性認知症といいます。
発症は女性よりも男性に多く、アルツハイマー型認知症脳血管性認知症が圧倒的に多く見られます。

若年性認知症では、物忘れが出始めて、仕事でミスが重なったりしても、それが認知症だということには考えが至りません。
疲れや更年期障害ではと思ってしまうのです。
病院で診察を受けても、うつ病などほかの病気と間違えられることが多いため、診察まで時間がかかってしまい、その間に症状が進んでしまうケースも少なくありません。

<早期受診・早期発見を>

若年性認知症の場合、発症年齢は平均51歳前後で、まだ働き盛りです。
そのため、記憶障害や見当識障害などの初期症状が現れると、仕事先との打ち合わせを忘れたり(打ち合わせ自体を忘れる)、外出先で迷子になったりと、仕事やプライベートで混乱を招くことになります。
症状がさらに悪化すると、仕事を続けていくことが困難になり、経済的に大きな打撃を受けてしまいます。

よく問題になるのが本人への告知をどうするかです。
症状がそれほどではなく、仕事もまだ現役でこなしている場合、告知によって大きなショックを受けてしまうかもしれません。
一方で、病気を理解することで治療に前向きに取り組めるというメリットもあります。
どちらにしても家族のサポートが重要になります。

もし、家族がおかしいなと感じたら、早期受診をし、診断を下されたら、病気であることを受け入れ、今後の人生設計を家族で考えていくことが大切です。
その際、地域の地域包括支援センターや若年性認知症コールセンターなどに相談してみましょう。
リハビリの方法や医療費助成、障害年金などの社会保障の情報、就労支援などについて相談にのってもらえます。

尚、「認知症」の詳細については、後日のブログにて詳しく説明致します。

奈良 心理カウンセリングルーム
ナチュラリー. 鍛治 剛史

コメント